運動すれば加齢臭は改善できる!特に効果的な運動はコレ!

加齢臭が気になる年代の皆さん、加齢臭とともに運動不足も気になっていませんか?実は、このふたつには大きな関連があるんです。つまり、運動不足だと加齢臭も強くなりがちだということです。

それにしても、なぜ運動不足が加齢臭につながるのか、ちょっと不思議ですよね。

ここでは、そんな疑問にお答えしつつ、どのような種類の運動が加齢臭対策として有効なのか、また、運動してるつもりなのに加齢臭が気になるのはなぜなのかということについてもお話します。

運動不足と加齢臭を同時に解消するヒントが、きっと見つかりますよ!

一体なぜ?運動不足が加齢臭につながるメカニズムとは

それでは、さっそく運動不足と加齢臭との関係について見ていきましょう。

活性酸素が加齢臭の大元!

加齢臭の原因はノネナールという物質で、これは皮脂が酸化してできる脂肪酸や過酸化脂質に雑菌などが繁殖して発生するものです。

皮脂自体にはニオイがありませんが、酸化することによってノネナールの元となる脂肪酸になってしまうのです。

つまり、身体が酸化することが加齢臭の原因ともいえるわけですが、身体の酸化を進めてしまうのが活性酸素というものです。

活性酸素を少なく保つことこそが、加齢臭を抑える秘訣というわけですね。加齢臭の原因についてより詳しいことは、こちらの記事をご確認ください!→加齢臭の原因とは?運動不足など意外な生活習慣がニオイの元に!

運動が加齢臭を抑える理由

そんな活性酸素は、年齢や生活習慣などといった様々な要因で増えてしまうのですが、そのうちのひとつに「運動不足」も含まれます。

ということは、運動をすれば活性酸素が減り、加齢臭を抑えることにつながるのです。

そこには、以下のようなメカニズムがあります。

  • 血流や代謝が良くなり、体内の老廃物や脂質が排出されやすくなる
  • 抗酸化機能が高まるので活性酸素を減らせる
  • 脂肪が燃焼されるのでニオイの原因となる脂質が減らせる
運動によって血流や代謝が良くなること、身体の抗酸化作用が高まること、脂肪が燃焼されることで、ニオイの元となる脂質が減ること、さらに体内の活性酸素が減るために脂肪が脂肪酸になるのを抑えることができるために、加齢臭の予防改善につながるというわけなのです。
運動することによって血流や代謝がよくなることや、脂肪燃焼効果があることなどが、加齢臭を抑えられるメカニズムなんですね。

同じような効果はサウナでも得られるので、運動とサウナを交代でやっていくのも良さそうですね。

運動する頻度は毎日が理想ですが、難しければ週に1日でもしないよりは全然マシですよ!

種類によっては逆効果になることも!加齢臭対策に有効な運動とは

運動によって体内の代謝や血流、脂質の状態が改善し、活性酸素が減ることが、加齢臭を軽減することをお伝えしました。でも、運動と一口に言ってもいろんなものがあり、どんな種類の運動をすればいいのか分からない方もいらっしゃいますよね。

そこで、加齢臭を抑える対策としてオススメの運動法をご紹介します。

有酸素運動が最適!

運動といってもいろいろですが、加齢臭対策になるためには脂肪燃焼効果が高く、血中の脂肪を排出する効果も高い運動を選ばなければなりません。それには、やはり有酸素運動が最適です。

有酸素運動とは具体的にいうと、軽いジョギング、ウォーキング、水泳などがあります。これらの運動を20分以上続けることで体脂肪が燃焼し始め、活性酸素を減らし、加齢臭を抑える効果が出てくるのです。

有酸素運動には、上記の他にもストレスを解消する効果や、自律神経を整えて良い眠りにつきやすくする効果などもあり、このような点からも加齢臭の予防改善が期待できます。

有酸素運動をする際の注意点

効率的に加齢臭を抑えるため、有酸素運動をする際の注意点についても知っておきましょう。

  • 会話できる程度の心拍数を保つ
  • 20分以上続ける
  • 水分補給をする
  • 屋外で運動する場合は紫外線対策をして、車通りの少ないところを選ぶ

心拍数や呼吸数が大きく増えて息が切れるような激しい運動には、加齢臭を抑える効果は期待できません。

むしろ、体内の活性酸素を増やしてしまって逆効果になりますので、あくまでも会話できる程度の有酸素運動をしていきましょう。

また、よく知られていることですが、脂肪が燃え始めるのは有酸素運動を開始してから20分を過ぎる頃です。なので、最低でも20分以上は続けることが肝心です。脱水にならないよう、水分補給をしながら行ってくださいね。

紫外線や排気ガスは活性酸素を増やしてしまう原因となります。ですから、屋外でウォーキングやジョギングをする場合、排気ガスや車通りの多い場所は避けて、帽子をかぶるなどの紫外線対策が必須です。

運動してるのに加齢臭が気になるのはなぜ?

ここまでお読みになって、「ちゃんと運動してるはずなのになぜ加齢臭が消えないの?」と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。それには、以下のような原因が考えられます。

  • 激しい運動をしている
  • 食事が偏っている
  • 煙草を吸っている
  • 睡眠不足

加齢臭の元となる活性酸素は、これらの要因によっても増えてしまいます。

いくら運動をしていてもその他の生活習慣が活性酸素を増やすものであれば、思うように加齢臭が消えていかなくても不思議はありません。

脂っこいものをたくさん食べている人やタバコを吸っている人は、これらの生活習慣を改めてみましょう。食事については、こちらの記事が参考になりますよ!→食べ物は加齢臭に影響する!加齢臭を抑制する食材と悪化させる食材

また、睡眠不足も加齢臭には大いに影響します。先にも触れたとおり、有酸素運動は快適な眠りを促しますので、激しい運動は避けてゆったり有酸素運動をし、早めに就寝することを心がけると良いでしょう。

なぬ!?激しい運動は逆効果になることもあるのかい!?そいつはオドロキだ!激しく身体を動かした方が運動になると思っていたけど、そうでもないんだね。

ボクは時々遅刻しそうになって駅までダッシュすることがあるけど、それも運動ってことでいいのかい?

もちろんダメですよ。

ダッシュでは心拍数が上がりすぎて身体に負担がかかりますし、焦る気持ちもストレスになって、かえって活性酸素が増えてしまいます。しかも、汗もかくからよけいニオイが強くなってしまいますよ。

運動は有酸素運動をすることがポイントですよ!でも、それ以前に、におい田課長はまず生活から見直した方が良さそうですね。

有酸素運動を続ければ活性酸素が減って加齢臭も撃退できる!

加齢臭は年齢を重ねれば誰でも必ずにおうようになるものではなく、生活習慣によって酷くなったり気にならなくなったりするものです。そんな生活習慣のひとつが、運動であることをお伝えしてきました。

加齢臭の元となる物質を作ってしまう活性酸素を減らすべく、ジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動がオススメです。紫外線対策をしながら、排気ガスの少ない場所で20分以上お散歩するだけでも効果が期待できますよ。

軽い運動を習慣にして、その他の生活習慣も同時に見直していけば、確実に今よりも加齢臭を軽減できるはずです。健康にもいいし一石二鳥ですから、ぜひ試してみてくださいね!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 臭いのお悩み解決サイト【ニオイ部クサイ課】 All Rights Reserved.