加齢臭ってどんな臭いのこと?老人臭とは違うもの?

「加齢臭」という言葉に、つい敏感に反応してしまうという中高年の方々も多いのではないでしょうか。自分が臭っているとしたらとてもショックですし、周囲の目も気になりますよね。

でも、よく加齢臭と言いますが、実際にはどんなにおいのことなのでしょうか?漠然とオジサンの臭いだと思っている方も多いでしょうが、老人臭とは違うのでしょうか?

今回は、そんな基本的な部分に立ち返って、加齢臭とはどんなニオイなのかについて解説していきます。正しい加齢臭対策のためにも、加齢臭の定義について知っておきましょう。

おじさん臭さ?脂臭さ?加齢臭とはどんなニオイなのか

よく聞く加齢臭という言葉に、何となくおじさんっぽい男臭さを連想する方も多いことでしょう。でも嗅覚は人それぞれですし、これだけでは漠然としていてどんなニオイのことなのか分かりにくいですよね。

そこで、加齢臭がどんなニオイなのか、定義を確認しながらしっかりチェックしていきましょう。

加齢臭は酸化した皮脂のにおい

加齢臭の原因は、ノネナールという物質です。

ノネナールは加齢によって過酸化脂質が増えたり、皮脂腺で脂肪酸が酸化したりすることによって発生するものです。(加齢臭の原因について詳しいことは、こちらの記事をお読みください。)

つまり、加齢臭の大元は皮脂などの脂質であり、それが酸化したニオイなのです。

酸化というのは錆びついて古くなるということですから、加齢臭に何となく脂くさいイメージや古びたイメージを持っている方は、正しい感覚だと言えますね。

加齢臭を言葉で表現すると?

加齢臭がする家族を持つ方や、会社に加齢臭がひどい人がいるという方々なら、加齢臭と聞くと「あのニオイ」と思い浮かぶものがありますよね。でも、それをどう感じるかや、どう表現するかということは人によって微妙に異なります。

そこで、先ほどお伝えした脂くささ以外では、加齢臭をどんな言葉で表現できるのかをご紹介します。

  • 古い本のにおい
  • 押し入れや古いタンスのにおい
  • ブルーチーズのようなにおい
  • 青臭いにおい
  • ろうそくのようなにおい
  • おばあちゃんの家や部屋のにおい

このように、いろんな表現がありますが、共通するのはやはり古臭いにおいというイメージです。

ブルーチーズは脂質の多いチーズにカビが生えたものですから、やはり古い脂のニオイと言えますね。

このようなニオイを「おじさん臭さ」と表現する人もいますが、中年男性の臭いには頭皮の臭いや足の臭いなど加齢臭とは違う原因のニオイもありますから、一概にオジサンの臭い=加齢臭というわけでもないんです。
がびーん!俺からも古い脂とか、押し入れや古雑誌みたいなニオイがしているということかい!?辛いけど潔く受け入れなければ…。

それにしても、昔は加齢臭なんて言葉もなかったし、こんなに嫌われてなかった気がするけど、どうして今の若い子はそんなにおじさん臭を嫌うんだい?

教えて!ヨーコちゃん!

かつては三世代同居が当たり前で、子どもの頃からおじいちゃんおばあちゃんの匂いとともに生活していましたよね。

人間の嗅覚は慣れていくものなので、そんな生活を通して加齢臭もクサイと感じなくなっていったんじゃないでしょうか。

今は核家族が増えて、中高年のにおいに不慣れなまま育つので、臭いと感じてしまうのでしょうね。そう思うと、今の中高年の方々はちょっとお気の毒かもしれません。

素朴な疑問!老人臭も加齢臭の一種?それとも別モノ?

加齢臭とは、文字通り年を重ねることによって発生するようになる臭いです。ということは、中年よりも高齢のお年寄りは、さらにキツイ加齢臭がするのでしょうか?老人臭という言葉もありますが、これは加齢臭の一種なのでしょうか?

ここでは、そんな素朴な疑問についてお答えします。

お年寄りの臭いは加齢臭?

先ほど、加齢臭を表現する言葉のひとつに「おばあちゃんの家や部屋のにおい」が挙げられていました。ということは、やはり老人臭と加齢臭は同じなのでしょうか?
★図作成中★
加齢臭の原因物質であるノネナールは、40歳頃から増加し始め、年齢とともに増えていきます。加齢臭には男性ホルモンも関係しており、閉経後の女性はノネナールの量が多くなるため、女性も年齢を重ねていくにあたって加齢臭には気をつけなければなりません。

このように、お年寄りと言われる年齢になっても、中年の加齢臭と同じメカニズムでニオイが発生しますので、老人臭の一種として加齢臭があるのは確かです。

老人臭の種類

しかし、お年寄りのニオイは加齢臭だけではありません。

以下のように、歳をとっていくにつれて様々なニオイが発生しやすくなります。

においの種類 内容
口臭 歯槽膿漏の罹患率が歳とともに上がること、
歯磨きがおろそかになることや入れ歯の洗浄が不十分なこと等で
口臭が強くなる傾向がある
アンモニア臭 尿漏れや失禁以外にも、
代謝の低下で体内のアンモニアが分解し切れず、
汗からアンモニア臭がすることがある
介護臭 入浴や排せつが困難になることで、体臭や排泄物のニオイがする他、
服や寝具などにその匂いが染みついてしまうことで発生する

かなりの高齢でも介護の必要もなくお元気な方なら、中年の人と同程度の加齢臭しかしないこともありますし、年齢が比較的若くても寝たきりの方ならアンモニア臭や介護臭もするでしょう。

したがって、老人臭というのは、加齢臭に加えて上記のニオイすべてを含むものであり、ニオイの種類も程度も人によって違うのです。

フムフム、確かに老人臭と加齢臭は共通する部分もあるけど、違うところもあるよな。老人臭の中には、加齢臭以外にも口臭やアンモニア臭などがあるわけだな。

それにしても、加齢臭だけでも家族から邪険にされているというのに、この先さらに他の老人臭までするようになったらどうしよう…。介護してもらえるか不安だなあ。

加齢臭は酸化して古くなった脂のニオイだった!

加齢臭と言われてもピンとこなかった方も、具体的なニオイのイメージがつかめたでしょうか。

加齢臭はノネナールが原因となっているニオイのことなので、中高年の体臭であっても、ノネナールの元となる脂肪酸、つまり酸化した皮脂のニオイ以外は加齢臭ではないのです。古びた雑誌や脂、チーズのようなニオイならば、それはきっと加齢臭と言えます。

また、老人臭と加齢臭は必ずしもイコールではなく、様々な老人臭の中のひとつに加齢臭があるという位置づけです。ニオイによって対策も異なりますので、こちらの記事(加齢臭が出る場所はどこ?皮脂腺が多い部位には要注意!)なども参考に、自分のニオイが加齢臭であるかどうかを見極めましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 臭いのお悩み解決サイト【ニオイ部クサイ課】 All Rights Reserved.