風邪をひくと口臭も酷くなるってホント?免疫が落ちてる人は要注意!

風邪を引いたとき、何だかいつもより自分の口のニオイが強くなったように感じたこと、ありませんか?それは気のせいではなく、風邪などの体調不良を起こしているときに口臭が強く出てくることは、決して珍しいことではないのです。

つまり、風邪を引いているとき、あるいは風邪をひきやすくなっているときの身体の状態が、口臭と関係しているのです。逆に、口臭が強い人は風邪を引きやすいとも言うことができそうです。この記事では、その関係について詳しくご説明していきます。

対策についてもちゃんとご紹介していますので、風邪をよく引く人や口臭が気になっている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

風邪を引くと口臭が酷くなるのはどうして?その原因を説明します!

風邪を引いているときは、普段口臭がない人でもお口が臭くなってしまうものです。では、なぜそうなってしまうのか、その理由から見ていきましょう。

免疫力の低下

私たちの身体には異物とそうでないものを見分けて、異物である細菌の侵入を防ぐ働きがあり、これを免疫機能といいます。しかし、疲れやストレス、生活習慣の乱れ、加齢など様々な理由でこの免役の働きが低下してしまうことがあり、そんなときは体内に細菌が入りやすくなります。

体内に細菌が侵入しやすくなれば、当然、風邪などの感染症にかかるリスクが高まります。

つまり、風邪を引いている時は、身体の免疫力が下がっているときと言えるのです。

免疫力が低下して体内に細菌が増えれば、もちろんお口の中や喉などにも細菌がたくさんいることになります。細菌は悪臭を持つガスを作り出すため、風邪を引いているときはお口が臭くなりがちというわけなのです。

鼻づまりや副鼻腔炎

風邪症状のひとつに鼻水や鼻づまりがあります。鼻がつまると鼻呼吸ができませんから、どうしても口呼吸になってしまいます。口呼吸はドライマウスを引き起こし、細菌が繁殖しやすい状態となってしまうため、口臭を強める要因となります。

また、風邪を引いているときは急性副鼻腔炎を併発しやすく、これも口臭の原因となります。

風邪と同時に治ればいいのですが、風邪が治っても鼻づまりだけが続く慢性副鼻腔炎(蓄膿症)になってしまうと、口臭も続いてしまいます。

蓄膿症についてはこちらの記事(「その口臭や鼻の臭いは蓄膿症が原因かも!しっかり治して臭いを撃退!」)を参考にしていただき、慢性化させないようご注意ください。

体内の乾燥

風邪を引くと、熱が出ることがあります。熱を下げるために汗をかくので、体内の水分量が低下します。また、鼻水やくしゃみなどにも体内の水分を奪われますので、体内が乾燥しがちになります。したがって、口の中も乾燥しがちになります。

また、風邪をひいて咳や鼻炎系の症状があるとき、抗ヒスタミン剤が出されることがあります。この薬には、「口渇」という副作用があり、唾液を減らして口の中を乾燥させてしまう作用があります。

これらの事情から、風邪を引いているときは口の中が渇きがちになり、それが口臭を強める原因となってしまうのです。

風邪を引くから免疫が下がるというよりも、免疫力が下がるから風邪を引きやすい、つまり、はっきりと風邪の症状が出る前からもう免疫力が低下しているということだよね?

じゃあ、口が臭くなってきたら風邪を引く前兆と考えることもできそうじゃないかい?

その通りです!いつもより口臭が強くなったと感じたら、免疫力が低下しているサインかもしれません。

早く寝るとか、ゆっくり休むなどして身体や心をいたわるようにすれば、風邪予防にもつながりますよ。

いつも口が臭い人は、身体がかなり疲れている状態なのかもしれません。健康診断を受けたり、生活を整えたりして自分を大事にしてあげましょう。

風邪をひいたときの口臭を改善するには?風邪予防が口臭予防に!

風邪と口臭の関係についてお伝えしてきました。風邪のときは、免疫の影響や鼻づまり、薬などいろんな側面から口臭が強くなってしまうものなのですね。では、風邪によって強まっている口臭を軽減する方法はあるのでしょうか?

ここからは、そんな風邪の時の口臭対策についてご紹介していきます。

じゅうぶんな水分補給をする

風邪による口臭を改善するためにまず必要なことは、当たり前ですが風邪を治すことです。

そのためには、奪われがちな水分を補うべく、しっかりと水分補給を意識して行うことが大切です。

基本的には水やお茶をこまめに飲むという対応でよいですが、熱が高く脱水を起こしそうなときなどは、経口補水液の方が吸収に優れているのでオススメです。ただし、経口補水液には糖分が含まれているので、飲んだ後は歯みがきをするようにしましょう。

歯みがきをする

経口補水液を飲んだ後のみならず、風邪を引いてしまったときこそ、口内に繁殖している細菌をしっかり掃除すべく歯みがきを抜かりなく行う必要があります。

丁寧に歯みがきをすることで、すでに口内にある細菌を洗い流すだけでなく、食べかすを取り除いて細菌の繁殖を抑えることも可能です。

症状がつらくて歯みがきできないという時は、うがいだけでもすることをオススメします。

マスクをして鼻や口の乾燥を防ぐ

風邪のときにマスクをするのはごく一般的な対処法ですが、これは他人にうつさないようにするだけでなく、マスクをする本人にとっても有益なことなんです。

マスクをすることによって、周囲の人に口臭を感じ取られないようにできるのはもちろん、口や鼻の中の乾燥を防ぐことができます。

乾燥を防げば細菌の繁殖も抑えられますので、口臭の予防につながります。

普段から口臭予防を!

唾液にはとても重要な役割があります。唾液が減ってドライマウスになっている人は、いつも口臭がするだけでなく、唾液による恩恵をじゅうぶん受けられないために風邪を引きやすくなるとも言えます。

逆に言えば、日頃からドライマウスを改善して口臭予防に努めれば、風邪を引きにくい健康な身体にしていくことも可能なのです。風邪予防と口臭予防は共通している部分も大いにあったというわけですね。

口臭予防のための対策は、こちらの記事に詳しくご説明してあります。ぜひ読んでみてくださいね!→ドライマウスにはこんな対策を!自分に合った改善法を選ぼう!

なるへそ~!マスクは人に風邪をうつさないため、それと口臭をごまかすために使っていたけど、喉や鼻を保湿するという役割もあったんだね!

ということは、家の中にいるときや寝るときにもマスクをすると、風邪の治りも早まりそうだネ!

何なに?濡れマスクなんてものもあるのかい!?そいつはぜひ試してみたいネ!口臭改善にも効果がありそうだ!

風邪の時の口臭は免疫低下や鼻づまり、口内の乾燥などが原因!

風邪を引いてしまう時の身体は、免疫力が低下した状態です。免疫の働きがじゅうぶんでないとお口の中にも細菌が増えてしまうため、細菌が発するニオイによって口臭が酷くなってしまいます。

また、風邪症状の鼻づまりや副鼻腔炎、口内の乾燥という側面からも、口臭が強くなってしまう傾向があります。

風邪のときでも歯みがきをしっかりと行い、こまめな水分補給をし、マスクを使うなどして、早く風邪を治すようにしましょう。風邪に伴う口臭であれば、風邪の治癒とともにニオイも軽減していきます。

また、日頃から免疫力をアップさせる生活習慣やドライマウス予防を意識することで、風邪も口臭も同時に予防が可能ですよ!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 臭いのお悩み解決サイト【ニオイ部クサイ課】 All Rights Reserved.