その口臭はこんな病気が原因かも!ニオイ別に推測される病気とは?

原因が何であれ、自分が口臭をまき散らしていないかということは、かなり気になることですよね。でも、口臭の裏側に何らかの病気が隠れているのだとしたら、なおさら心配になってしまうものです。

実際のところ、口臭には健康な人でもあるような心配ないものから、口内の病気が原因であるもの、さらには内臓系の病気に端を発するものなど様々なのです。

そこで今回は、口臭のニオイ別に考えられる病気についてご紹介していきます。お口のニオイからご自分の健康状態を推察すべく、ぜひお読みいただいて参考にしてくださいね!

よくある腐った卵や玉ねぎのような口臭は、どんな病気が原因なの?

一口に「口臭」といっても、実にいろんな種類のニオイがあります。そして、臭いによって、考えられる病気も異なります。まずは、よくあるタイプの口臭である「腐敗臭」から、どんな病気が推測できるのか見ていきましょう。

腐敗臭はお口の中の細菌が原因!?

虫歯や歯周病があったり、ドライマウスの状態になったりしているとき、お口の中には歯周病菌をはじめとする細菌が繁殖しやすい状態となっています。これらの細菌はメチルメルカプタンや硫化水素など、悪臭の元となるガスを増殖させます。

メチルメルカプタンや硫化水素は、

  • 玉ねぎが腐ったようなニオイ
  • 肉が腐ったようなニオイ
  • 卵が腐ったようなニオイ

などと例えられることが多いです。いわゆる腐敗臭で、一般的な口臭のひとつと言えますね。このようなニオイがお口からしてきたら、虫歯や歯周病、ドライマウス、さらには舌苔臭い玉など、お口の中の問題が疑われます。

そんなときは、迷わず歯科医院を受診しましょう。

胃腸の病気

お口の中の問題で卵が腐ったような口臭がすることがあるとお伝えしましたが、これと同様のニオイは胃腸の不調でも発生することがあります。

たとえば胃炎、十二指腸潰瘍、胃潰瘍などといった胃腸の病気になった場合、食べ物の消化吸収という胃腸本来の働きをうまくこなせなくなり、食べ物が異常発酵してしまい、硫化水素が発生します。硫化水素が血中に溶けて肺にまで到達すると、呼気に混じって口から出てしまうのです。

胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍は、胃腸の痛みや不快感、食欲不振、胸やけやげっぷなどの症状が出てきます。

硫黄のような口臭に加えてこれらの症状が出てきたら、お口の異常だけでなく、胃腸が弱っていないかどうかも気を付けてみるとよいでしょう。歯科的な異常がないのであれば、内科や消化器科へ行って医師に診てもらうことをオススメします。

喉や鼻の病気

さらに、腐敗した肉や卵のようなニオイは、後鼻漏や副鼻腔炎(蓄膿症)などの耳鼻科系の病気、そして扁桃炎や肺炎など喉や呼吸器系の病気のときにも発生することがあります。

特に慢性副鼻腔炎は副鼻腔に膿が溜まってしまっているため、膿のニオイが強くなることもあります。これも、腐った肉や玉ねぎのニオイに近い悪臭と言えます。鼻の病気だと自分のニオイは普段以上に感じにくくなりますので、ご注意ください。

虫歯や歯周病などがないのに腐敗臭がするとき、風邪のような症状があったりするときは、耳鼻咽喉科の受診がオススメです。(この辺りについて詳しくはコチラ!→その口臭や鼻の臭いは蓄膿症が原因かも!しっかり治して臭いを撃退!

なんと!よくある口臭の裏には、こんなにいろんな病気が隠れている可能性があるなんて!口の中の問題だけが原因なのかと思っていたからオドロキ!

それにしても、歯周病やドライマウスなんかの口の中の問題と、鼻の病気や胃腸の病気とで同じような腐敗臭がするとは、紛らわしいね。

どうやって見分けたらいいんだい!?

口臭の9割は口の中に原因があると言われています。ですから、日頃からお口の健康に気を配っておくと見分けがしやすいですよ。

口臭が気になったらまず歯科医院へ行って、歯の汚れを取ってもらったり、虫歯や歯周病などがあれば治してもらったりすることをオススメします。

それをしても腐敗臭が消えなければ、耳鼻科や内科へ行ってみるといいですね。

腐敗臭以外にも様々な口臭が!それぞれのニオイから考えられる病気

前章では、口臭と聞いてイメージされることの多い、何かが腐ったようなニオイから考えられる病気についてご紹介してきました。

でも、口臭は腐敗臭だけではありません。主にお口や鼻などの不調以外の、内臓系の病気の時に出てくる様々なタイプの口臭もあるんです。ここからは、それらについて見ていきましょう。

甘酸っぱい口臭は糖尿病かも!

甘酸っぱいような口臭がする場合は、糖尿病の疑いがあります。

これは、「ケトン臭」と呼ばれる糖尿病の人に独特のニオイです。激しいダイエットをしているときにもケトン臭がすることがあります。

糖尿病の人は糖の代謝がうまくいかず、糖の代わりに脂肪をエネルギー源として使うようになります。その際、アセトンというケトン体の一種が作られます。これが呼気に混じるために、糖尿病の人の口臭は甘酸っぱいケトン臭となるのです。

初期の糖尿病は甘い口臭で、重度の糖尿病は甘酸っぱいとも言われていますが、いずれにしても熟したフルーツのようなニオイです。

息や尿のニオイから糖尿病に気づくケースもあるのだそうです。ですから、口臭やおしっこのにおいが甘いような気がしたら、できるだけ早く内科、あるいは内分泌代謝内科、糖尿病内科などを標ぼうする病院にかかってください。

カビのようなニオイ

カビのようなニオイの口臭がしたら、肝機能が低下しているおそれがあります。

本来ならば、ニオイの元となる物質を肝臓で分解するのですが、慢性肝炎や高度な肝機能低下のためにその物質を分解しきれない場合、汗や呼気などにニオイ物質が含まれてしまうのです。

肝機能に問題があるときの口臭は、「かび臭い」というのがもっとも一般的な例えですが、生ごみのようなニオイと表現されることもあります。

肝機能低下は黄疸、疲労感・倦怠感、食欲不振などの症状も出てきます。病院に行かれるのであれば、内科や消化器内科がオススメです。肝臓は目立った症状が出にくく、病気が見つかった時は進行してしまっていることも十分あり得ますので、ご注意ください。

アンモニア臭がするときは?

ツーンとしたおしっこのようなニオイ、いわゆるアンモニア臭がするときは、腎臓系の問題があるかもしれません。

腎臓はアンモニアを分解する役割がありますが、腎臓の機能が低下すると分解し切れなかったアンモニアが血中や呼気に含まれるようになります。そのために、口からもアンモニア臭がしてしまうというわけなのです。

具体的な腎臓の病気としては、尿毒症、腎機能低下などが挙げられます。むくみ、疲労感、皮膚のかゆみなどの症状が出ることがあります。

アンモニア臭の口臭やこのような症状があるときは、腎臓内科などできちんと検査してもらうことをオススメします。

ボクの場合、年齢的な事情もあって、普段から糖尿や肝機能が心配なんだよなぁ。

でも、糖尿病や肝機能低下、腎臓の病気なんかで独特な口臭が出ることがあるって知ってれば、早期発見にもつながるネ!

自分の口臭や体臭が分かるように、鼻の通りを良くしておかなくっちゃ!鼻づまり自体も口臭の原因になってしまうみたいだから、一石二鳥だね!

口臭に注目して体調をチェック!考えられる病気に沿った対処を!

口臭自体を気にする人は多いですが、その口臭がどんなニオイかということまで考えている人は、意外とすくないかもしれません。でも、においのタイプによって体調や病気が推測できることもあるのですから、今後はどんな臭いかというところまでチェックすると良さそうですね。

よくある卵や玉ねぎが腐ったようなニオイから考えられる原因の代表格は、やはり虫歯や歯周病などのお口の中の問題です。同時に、副鼻腔炎などの可能性があることも、覚えておきましょう。

また、甘いニオイ、アンモニア臭やカビ臭さなど、ちょっと変わった口臭が出てきたら、内臓系の病気に注意が必要です。すぐに病院へ行き、適切な対処をしてくださいね!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 臭いのお悩み解決サイト【ニオイ部クサイ課】 All Rights Reserved.