歯茎の臭いは歯周病の疑いが濃厚!その他の原因と対策も紹介!

口臭って、自分のも他人のもとっても気になるものですよね。でも、喉が臭いこともあれば舌苔が原因のこともあり、一口に「口臭」と言ってもニオイの出どころは様々です。

そんな様々な臭いの発生源の中から、今回は歯茎のニオイにスポットを当ててご紹介します。歯茎が臭いなんて経験していない人には想像しづらいかもしれませんが、歯茎が臭くなるリスクは誰にでもあるんです。

歯茎のニオイは、口臭のみならず全身の健康にも関連する重要な問題でもありますから、ぜひご一読いただいて参考にしてくださいね!

歯茎の臭いの多くは歯周病が原因!歯茎の色や出血にも要注意!

歯茎から悪臭がする場合、まず大きな原因として考えられるのは歯周病です。歯周病という言葉は聞いたことがある方も多いと思いますが、実際どのようなものかご存知ですか?歯茎のニオイが気になる人は、まず歯周病について知っておきましょう。

歯周病とは

歯周病は、歯肉炎と歯周炎の総称です。
★図作成中★

歯周病は、歯と歯茎の間にある「歯周ポケット」という隙間に細菌や汚れが溜まっていき、炎症を起こしてしまうというもので、炎症が軽度のうちは「歯肉炎」と呼ばれますが、放置すると徐々に進行して重度の歯周病(「歯槽膿漏」とも呼ばれます)につながります。

歯周病で歯茎が臭くなる理由

このように歯周病とは、歯と歯茎の間で細菌や汚れによる炎症が起きてしまうというものです。

歯周病菌などの細菌は「VSC(揮発性硫黄化合物)」という悪臭のもととなるガスを発生するため、歯周病の人の歯ぐきは臭うことが多く、それが口臭につながるのです。

また、歯周病が進行して歯槽膿漏になると、歯ぐきの中に膿が溜まることも多々あります。膿にはたくさんの細菌が含まれていますので、こういった面からも歯周病による歯ぐきのニオイや口臭が発生してしまうのです。

歯周病の症状

歯周病の症状には、口臭や歯茎臭以外にも以下のようなものがあります。

  • 歯ぐきが赤い、または、どす黒い
  • 歯ぐきの腫れ・出血
  • 歯が伸びた(歯ぐきが下がった)
  • 食べ物が歯に挟まる
  • 歯槽骨(歯を支えている骨)が溶ける
  • 歯が抜ける

自らの口臭に気づくのは難しいこともありますが、歯ぐきの色や腫れなどの状態をチェックすることは比較的簡単です。歯に食べ物がよく挟まるようになったなどの自覚症状も、歯周病に早く気づくための大切な手がかりとなります。

歯周病を放置すると歯が抜けてしまい、全身のバランスが悪くなったり、認知症のリスクが上がったりもしてしまいます。

生活の質を大きく変えてしまうことにもなりかねないので、くれぐれもご注意くださいね。

歯石や歯垢も歯周病の原因に!

それでは、どんなことが歯周病の原因になるのでしょうか?それには以下のようなものが考えられます。

  • 歯石
  • 歯垢
  • 不適合な詰め物やかぶせ物
  • 歯並びや噛み合わせの不良
  • 生活習慣
  • ストレス
  • 喫煙

これらは、それ自体が口臭の原因になるものでもありますし、歯周病を発症すれば歯ぐきまで臭くなってさらなる悪臭を引き起こします。

60歳代では約9割もの人が歯周病にかかっていると言われています。20歳代でも7割ほどの人が歯周病というデータもあるんですよ。

つまり、誰でも歯周病になるリスクがあって、しかも若いからと言って油断できないということなんですね。

歯茎の臭いや色、腫れてブヨブヨしていないかなど、今すぐ鏡でチェックしてみましょう!

歯周病だけじゃない!歯の間や奥歯付近の炎症から臭いがする可能性も

歯茎の臭いの最大の原因である歯周病についてご紹介しましたが、歯茎が臭くなるのはそれ以外にも原因があるケースもあります。ここからは、歯周病以外の原因にはどんなものがあるのかについてお話していきます。

歯垢や歯石自体も臭い!?

歯周病の原因のところでも触れましたが、歯みがきをしているつもりでも、歯と歯茎の間、あるいは歯と歯の間にはどうしても歯垢や歯石がついてしまいます。歯垢や歯石の細菌などが悪臭を発するため、歯茎周辺からのニオイの原因となるのです。

歯垢とは別名プラークとも呼ばれ、食べ物などによる汚れや細菌などによって作られます。歯磨きなどで歯垢をきちんと落としきれればよいのですが、そうでない場合は数日で歯石へと変化してしまいます。

歯石になってしまうと、自分では落とすことができなくなってしまいます。しかも、歯周病の原因にもなります。

奥歯付近は炎症を起こしやすい!

奥歯は形状が複雑で食べかすや細菌がたまりやすく、それにもかかわらず歯ブラシが届きにくい特徴があります。したがって、奥歯周辺の歯茎にも細菌が繁殖しやすく、炎症を引き起こしがちな傾向があります。

特に、もっとも奥にある親知らずの周りの歯茎は非常に炎症を起こしやすく、その状態を「智歯(ちし)周囲炎」と呼ばれています。智歯とは親知らずの別名なのです(コチラの記事にも親知らずについて書いています)。

智歯周囲炎になると、歯茎の悪臭はもちろん、歯茎の痛み、頬の腫れなどの症状が出る可能性があります。

膿瘍(のうよう)

歯茎が膨れて赤くなっていたり、歯みがきをしていないのに出血したりするときは、膿瘍ができていると考えられます。

歯周ポケットから入った雑菌が原因で歯茎の表面にまで腫れが起こるものを「歯周膿瘍」、虫歯や歯の神経に関する治療の影響で骨を溶かした膿で歯茎が膨れるものを「根尖膿瘍」といいます。

いずれも、歯茎の表面を破って膿が出れば症状は治まりますが、根治しない限り同じような膿が溜まっては排出されるということを繰り返すことになります。そうなると、ずっと歯茎からのひどい臭いに悩まされることになるため、歯科医師による治療が不可欠です。

歯茎が腫れることって僕にも時々あるけど、その中身は膿なのかもしれないなぁ。それに、ちょっと歯みがきをサボると歯がザラザラしてくるし、これって歯垢ってことだよネ。

本当に口の中っていろんな汚れや細菌が多くて、ニオイの元の温床なんだね~。

毎日食べ物が入ってくるところだから、それも当然だよね。口の中のケアが大切なワケがよく分かったよ!

歯茎の臭い対策は歯科医院に行くことが鉄則!毎日のケアも続けよう

歯周病、そして歯垢や歯石、歯茎の炎症や膿瘍に至るまで、歯茎が臭い原因についてご説明してきました。意外といろんな原因があるものですよね。では、そんなイヤな歯茎の臭い対策には、どのようなものがあるのでしょうか?さっそく見ていきましょう。

歯科で治療を受けよう!

歯茎の臭いのもっとも大きな原因は、歯周病です。

いったん歯周病になってしまったら自分では治せませんので、歯科医院で治療を受ける必要があります。

歯周病は徐々に進行していき、自然治癒することはありません。ですから、歯茎の臭いや腫れ、出血などがある方はすみやかに歯科へ行くようにしましょう。

また、歯石、歯茎の炎症や膿瘍についても同様です。歯科医院にて適切な治療を受けなければ、いつまでも歯茎の臭いは改善できません。それどころか、どんどん悪化する可能性もじゅうぶんありますのでご注意ください。

セルフケアも大切!

歯科医院で治療をしても、歯みがきなどのセルフケアを怠ると、毎日の食事や細菌の活動などによって、またすぐに歯周病や歯石のリスクが高まってしまいます。したがって、以下のようなケアを続けていく必要があります。

  • 毎日歯みがきをする
  • 歯間ブラシやフロスを使用する
  • 定期的に歯科医院で検診を受ける
  • 生活習慣を改善する
基本的なことではありますが、毎日歯みがきするのはとても重要なことです。寝る前はフロスや歯間ブラシも使って、歯の間の歯垢までしっかり落とすことが肝心です。これが、歯石予防や歯周病予防にもなり、歯茎の悪臭の予防や改善にもつながります。

それに加えて、最低でも半年に1度くらいは歯科で検診を受けましょう。セルフケアだけでは落としきれない汚れや歯石をきれいにしてもらえますし、小さな虫歯や歯周病などにも素早く対処してもらえます。

また、生活習慣が歯茎臭の要因になっている場合も珍しくないので、適度な運動や睡眠、バランスの取れた食生活、ストレス解消などを心がけることも大切です。

歯周病って自分では治せないものだったの!?自然治癒もしないし、放置すれば徐々に進行して悪くなっていくばかりだなんて、知らなかったよ~。

だから、ボクの歯茎はいつまでも臭いってわけか!

でも本当に治らないのかい?歯みがきを丁寧にやるとか、フロスで歯と歯の間まできれいにするだけじゃダメ?

ごく軽度の歯肉炎なら、歯ブラシを使った適切なブラッシングや、フロスで歯間のすみずみまできれいにすることで改善も期待できます。

しかし、歯茎から悪臭がするほどの歯周病は、歯茎の奥深くまで汚れや細菌が入り込んでいたり、歯石が付いてしまっていると考えられます。こういうケースは歯科医院でないと治療できません!

におい田課長もできるだけ早く歯科医に診てもらった方がいいですよ!

歯茎が臭いときはすぐに歯科医院へ!しっかり治療して臭いを消そう!

人から口臭を指摘された時、試しに歯茎を指で押して臭いをかいでみてください。その指が臭かったら、歯茎がくさいのだということになります。

お伝えしてきた通り、歯茎の臭いの原因は歯周病であるケースが多いこと、それ以外にも歯茎が炎症を起こしていたり、膿が溜まっていたりすることもあります。舌が臭い場合と違って、歯茎のニオイは自力で治せないケースも多いものです。

したがって、歯茎が臭いと思ったら、できるだけ早く歯科医院へ行くことをオススメします。歯茎の臭いというのは、基本的には放置しておいても良くなることはありませんから、適切な対処をしてニオイを消してくださいね!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 臭いのお悩み解決サイト【ニオイ部クサイ課】 All Rights Reserved.