デリケートゾーンににおいが発生する理由はコレ!まとめて紹介します

デリケートゾーンは下着や服に覆われていて蒸れやすくなっていますし、またオリモノがあるなどの理由でにおいが出やすい場所であると言えます。また、それ以外にも生理が関係していることもあります。

ですが、デリケートゾーンのにおいは、病気が原因のこともあります。そのため、もともとにおう場所だからといって、あまりにおいを気にしないのも考えものです。自分の体を守るためにも、デリケートゾーンのにおいについて知っておくといいですね。

そこで、なぜデリケートゾーンにはにおいが発生するのか、病気だとしたらどのようなものが考えられるのかなど、デリケートゾーンのにおいについて詳しくまとめてご紹介します。

生理周期が大きく関係する!オリモノや生理が原因のにおい

女性の体内では、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という二種類の女性ホルモンが分泌されています。これによって体が生理周期に合わせて様々な変化をするのですが、それがデリケートゾーンのにおいと大きく関係しています。

では、その用に関係しているのか見ていきましょう。

オリモノによるにおい

オリモノは、生理がある期間以外ずっと分泌されているもので、生理周期に合わせて量が増減したりオリモノの質が変わったりします。

オリモノは剥がれた細胞や分泌物でできた酸性のもので、体内に雑菌が入るのを防いだり精子を受け入れやすい状態にしたりする役割をしています。そのため、膣には自浄作用があると言われます。

オリモノは酸性なので、すっぱいにおいがするのが普通ですが、ストレスがかかっている、体調が悪いなどの理由があるとにおいが強くなることもあるため、一時的ににおいが強くなるのならあまり気にしなくても大丈夫です。

ただし、病気が原因でにおいがすることもあるので、気になることがあれば病院に行くことをお勧めします。

オリモノが原因のデリケートゾーンのにおいについてはオリモノのにおいについて詳しく解説の記事で詳細にご説明しています。

生理前に強くなるにおい

生理前には、体に以下のような変化が起こることからデリケートゾーンのにおいが強くなります。

  • オリモノが粘りのある状態になる
  • 皮脂の分泌量が増える
  • 体温が上がる

この場合のにおいは、すっぱいにおいが強くなるイメージです。

生理前に陰部がにおう理由について詳しく解説した記事もありますので、詳細はこちらでご確認ください。

生理中に感じるにおい

生理中になると、デリケートゾーンのにおいが気になるという方もいらっしゃるかと思います。生理中にはナプキンなどの生理用品を使用しますので、どうしても陰部が蒸れやすくなります。また、経血が細菌の餌となることから、雑菌が増えやすい状態にもなります。

さらに、経血自体は無臭なのですが、空気と接触すると酸化してにおいが出ます。

これらの理由から、鉄っぽいにおいがしたり、卵がくさった時のようなにおいがしたりすることがあります。

アンダーヘアが濃いと経血がついたり蒸れたりしやすく、よりにおいが出やすいので、においがきついと思う人は処理するなどの対策をするといいですね。また、通気性が悪いことも雑菌を増やしますので、通気性の良い生理用品を使用することも大切です。

近年では、布ナプキンを使っている女性も増えていますので、選択肢の一つとして考えてもいいですね。

また、トイレに行った時に肌に着いた経血を拭き取っておくことでもにおいを軽減できます。この時にはデリケートゾーン専用の汗ふきシートなどを使用するのがお勧めですが、商品がそれほど多いわけではないので、なかなか見つからないこともあります。そのような場合は、赤ちゃん用のお尻拭きで代用する方法もあります。

閉経が関係するにおい

生理には女性ホルモンが関係していますが、閉経が近づくころには女性ホルモンの分泌量が減ってきます。

膣の中は、善玉菌がグリコーゲンという物質を使って乳酸を作り出すことによって酸性に保たれているのですが、グリコーゲンは女性ホルモンのうちのエストロゲンの量が多いほど豊富に存在します。つまり、エストロゲンの分泌量が減ると、グリコーゲンの量も減って乳酸が上手く作り出せなくなってしまうわけです。

そうなると膣の自浄作用が妨げられるようになるので、細菌に感染しやすくなり、その結果においが強くなることがあります。この状態を、老人性膣炎または委縮性膣炎と呼ぶこともあります。

女性と生理は切っても切り離せない関係ですが、生理周期に合わせて体は様々な変化をしていて、それによってデリケートゾーンのにおいまで変わるというのは驚きました。でも、オリモノや女性ホルモン、それから生理の血液自体が関係していると言われると納得です。

デリケートゾーンのにおいは病気が原因のことも!考えられる病気とは

デリケートゾーンがにおう場合、病気が関係していることもあります。

普段でもある程度のにおいはするものなのですが、普段とにおいが違う時は要注意です。

では、デリケートゾーンのにおいが普段と違って感じられる病気にはどのようなものがあるのか、ご紹介します。

性感染症

デリケートゾーンのにおいがいつもと違うと感じる原因になる病気に、以下のような性感染症があります。

病名 におい 病気の特徴
クラミジア感染症 生臭い感じ クラミジア・トラコマチス(細菌)が原因
オリモノが水っぽく量が多い
無症状のことも
淋菌感染症 生臭い感じ 淋菌が原因
オリモノが黄色や緑色になることも

これらの病気は性感染症なので、性交渉を通して感染します。不妊や流産・早産の原因になったり、赤ちゃんにも感染して危険だったりするので、気づいたら早めに治療することが必要です。

膣炎

膣炎とは、雑菌が繁殖したり膣の中で生物が増えたりすることで起こる病気で、やはりデリケートゾーンのにおいがいつもと変わります。

病名 におい 病気の特徴
感染性膣炎 生臭い感じ 大腸菌などが原因
オリモノが黄色や緑色になることも
トリコモナス膣炎 生臭い感じ トリコモナス原虫が原因
オリモノが黄色や灰色になることも
オリモノが泡立つこともある

膣炎になると、外陰部のかゆみを伴ったり早産などの原因になったりもしますので、やはりは止めの治療が大切です。

カビが原因のカンジダ膣炎という名称の膣炎もありますが、その場合はオリモノのにおいはほとんど変わりません。ただし、症状が悪化した場合には鼻をつくようなにおいがすることもありますので、合わせてご紹介しておきます。

がん

デリケートゾーンから何かが腐った時のような悪臭がする場合、子宮頸がんや子宮体がんであることが考えられます。悪臭がするのは、壊死した細胞や膿などがオリモノに混ざって体の外に出てくるためです。

出血することもあるので、オリモノに血が混ざって茶褐色または赤い色に見えるという特徴もありますが、初期にはほとんど症状が出ませんので、気になる時は早めの受診が必要です。

すそわきが

正式な名称は外陰部臭症、通称ですそわきがと呼ばれる症状がありますが、これは外陰部から強いにおいが出る症状のことを言います。

原因はアポクリン腺と呼ばれる汗腺から出される汗を肌に住む常在菌が分解することで、体質的にアポクリン腺の数が多い人や活動が活発な人がすそわきがになりやすいと言えます。

すそわきがのにおいは、以下のようなものにたとえられます。

  • ネギやタマネギ
  • チーズ
  • 鉛筆の芯

これらのにおいから、すそわきがのにおいの特徴はツンとした刺激のあるにおいや、すっぱいイメージのにおいであることがわかります。すそわきがの原因はわきがと同じなので、わきが臭がすると言えば分りやすいかもしれませんね。

すそわきがについては、こちらの記事でさらに詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。
すそわきがについて詳しく解説

これだけの種類の病気が考えられるとなると、自分で何の病気を判断するのは難しいですね。私の知り合いにも、においが気になって受診したら、自分が思っていた病気と違ったという人がいました。病院では、オリモノを培養して何の病気か調べるそうですよ。

清潔にする必要はあっても洗い過ぎはNG?においが出る意外な理由

生理周期や病気が関わっているのではなく、毎日のちょっとした生活習慣がデリケートゾーンのにおいの原因になっていることもあり、それはデリケートゾーンを清潔にすることと関係しています。

では、どのようなことがにおいの原因となるのか、見ていきましょう。

洗いすぎによる自浄作用の低下

デリケートゾーンのにおいを抑えるためには、細菌の繁殖を防いだり汚れを落としたりするために綺麗に洗って清潔に保つことが必要です。ですが、必要以上に洗いすぎることは逆ににおいの原因となりますので、注意が必要です。

オリモノがあることで、膣は自浄作用を持っています。オリモノの中には善玉菌と悪玉菌がいるのですが、デリケートゾーンを洗いすぎると善玉菌まで減らすことになり、結果としてオリモノの自浄作用が働かなくなってしまいます。

この場合、悪玉菌が増えて生臭いようなにおいがすることがあります。

そこで、デリケートゾーンを刺激の強い石鹸などで洗う、ビデを使いすぎる、膣洗浄をし過ぎるなど、洗い過ぎてしまうのは避けましょう。

尿などの付着

尿にはアンモニアが含まれていますので、尿が陰毛についたままになるなどの理由で肌に残ってしまうと、アンモニア臭がします。そのため、お風呂に入った時には洗いすぎないように気を付けながら丁寧に洗うようにしましょう。

陰毛が濃い人は特に尿などがつきやすいので、特に丁寧に洗う、陰毛を処理するなどの方法で清潔にすることが大切です。

その場合、綺麗にしようとしてこすり過ぎると肌を傷めたりオリモノによる自浄作用を妨げたりしますので、刺激の少ないデリケートゾーン専用の石鹸などを使用し、泡立てて肌を傷つけないように洗うようにしましょう。

デリケートゾーンは、綺麗に洗わないとにおいが出やすくなりますが、逆に洗い過ぎてもオリモノに寄る自浄作用を妨げてしまってにおいが出るんですね。デリケートゾーン専用の石鹸を使うなどすれば、刺激を受けるのを防ぎつつ綺麗に洗うことができますよ。

デリケートゾーンのにおいの理由は様々!対処できるものはしてみよう

以上のように、デリケートゾーンのにおいの原因は生理周期によるもの、病気によるもの、日常の生活習慣によるものなど様々なものがあることがわかります。

病気の場合は治療をすることが一番ですが、それ以外の場合は通気性を良くする、清潔に保つなどちょっと気を付けるだけでもにおいを軽減することが可能です。

洗い過ぎには気を付けながら、清潔な状態を保って少しでもデリケートゾーンのにおいを気にせずに生活できるようにしたいものですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 臭いのお悩み解決サイト【ニオイ部クサイ課】 All Rights Reserved.