加齢臭はうつるのか?感染や遺伝で加齢臭が出ることがあるのか検証!

子どもの頃、祖父母や父親のにおいが気になった経験、ありませんか?大人になって加齢臭が出始める年齢になって初めて、「あのニオイって加齢臭だったのか!」と気づいた方もいらっしゃるかもしれません。

そうなると次に不安になるのは、加齢臭が遺伝するのではないかということでしょう。また、家族や身近な人で加齢臭がする人がいると、それが自分にもうつるのではないかと恐れを抱いている人もいるかもしれませんね。

今回は、そんな気になるところについてお話していきます。自分の加齢臭が人にうつるのが不安という人も、家族の加齢臭をうつされたくない!という人も、ぜひ参考にしてくださいね。

加齢臭が周囲の人に伝染することってあるの!?

焼肉屋へ行くと家に帰ってからも服が焼肉くさいとか、タバコを吸う人と一緒にいたら自分は吸わないのに服にタバコのにおいがついたというように、ニオイが移ることってよくありますよね。

そんなふうに、加齢臭の人と一緒にいると、加齢臭がうつってしまうということはあるのでしょうか?

においがうつる仕組み

においは小さな分子になっており、空気中を漂っています。におい分子が鼻の中の嗅粘膜に溶け込み、神経を通って大脳に届くと、人はにおいを感知します。

焼き肉やたばこのにおいが服などに染みつくのは、この粒子が付着するからなのです。

においの濃度や滞在時間によって付着量が異なりますが、当然ながら長く強いにおいに晒されれば晒されるほどニオイは強力にうつります。

加齢臭は感染や伝染するのか

では、加齢臭も他人にうつっていくのでしょうか?

加齢臭が出ている人と濃厚な接触をすれば、一時的にニオイが移ることはあり得ます。

しかし、加齢臭は焼肉などのにおいに比べれば強烈なものではないので、一緒に数時間過ごすだけで加齢臭がニオイ移りするということは考えられません。

また、ニオイの粒子はウイルスや細菌とは違いますから、風邪やインフルエンザなどのように人から人へ感染することはあり得ません。

加齢臭の原因はノネナールという皮脂が酸化してできる物質であり、個人の体内で発生するものです。なので、家族に加齢臭の人がいても、それが伝染して他の人まで加齢臭が出る人になってしまうということもありません。

この辺りについては、加齢臭の原因を知るとより深く理解できます。ぜひ、こちらの記事もお読みくださいね→加齢臭の原因とは?運動不足など意外な生活習慣がニオイの元に!

洗濯でうつることはある!

お伝えしたように、加齢臭が人から人へ直接的に感染することはないのですが、洗濯物を介して加齢臭がない人の服にニオイ移りすることは、じゅうぶんあり得ます。

加齢臭がついたままの服をその他の人の服と一緒に洗濯すると、加齢臭がしない人の服にまでノネナールがうつってしまい、その服から加齢臭がしてしまうというわけなのです。

こちらの記事(服についた加齢臭の落とし方をご紹介!普通の洗剤では消せない!?)を参考にしていただき、服に付いた加齢臭はしっかり落とすようにしましょう。

加齢臭は風邪とは違うんだから、うつることなんてないよね。そりゃそうだ!

でも、洗濯でニオイが服にうつってしまうことはあるのだね。これ以上、妻や娘に嫌われたくないから、知っておいて良かったなあ~!

加齢臭は親から子へと遺伝する!?実は生活習慣の方が重要!

加齢臭そのものが人から人へ移ることはないことをお伝えしてきましたが、では、親から子へ加齢臭が出る体質が遺伝してしまうことはないのでしょうか?ここからは、そんな気になるところを見ていきましょう。

体質は遺伝する可能性がある

体臭のひとつにワキガがあり、両親のいずれかがワキガの場合は50%、両親どちらもワキガであれば80%の確率で遺伝すると言われています。このことをご存知なら、加齢臭も同じように遺伝するのでは?と不安になる方もいることでしょう。

しかし、加齢臭は比較的新しい概念であり、まだ研究が不十分なため、遺伝するかどうかははっきりと解明されていません。

加齢臭の原因であるノネナールは皮脂や脂肪酸が元になって発生する物質なので、皮脂が多い体質自体は遺伝する可能性があり、結果的に親子そろって加齢臭が出るということはあり得るでしょう。

生活習慣の影響の方が大きい!?

しかし、皮脂や脂肪酸といったものは、生活習慣によって大きく増減します。脂っこいものをよく食べて野菜や果物はあまり食べないとか、運動や睡眠が不足気味といった生活が続くと、元々の体質にかかわらず体内の皮脂や脂肪酸は増えていきます。

家族は基本的に同じ食事や生活習慣になりやすいので、その影響で家族内に加齢臭の人が何人も出てくるということはじゅうぶん考えられます。

つまり、加齢臭は、遺伝的要因よりも生活習慣の方がずっと強く影響するというわけなのです。

がびーん!加齢臭って遺伝しないのかい?親父も臭っていたから、てっきりボクの加齢臭も遺伝だと思っていたのに!単に自分の生活習慣の影響が大きいんだね。

でも、まだ分かっていない部分も大きいみたいだから、早く加齢臭の全貌が明らかになることを祈るよ!

そうですね!私も早く加齢臭の全貌が知りたいです!!ワクワクしますね~!

でも、偏った食事や生活習慣の乱れで加齢臭が酷くなるのはすでに分かっていることですから、予防や対策は今でもじゅうぶん可能ですよ、におい田課長!

加齢臭は遺伝も感染もしない!でも生活習慣の影響は大いにある!

加齢臭は、個人の体内にある皮脂や脂肪酸が元となるノネナールという物質が原因であり、ノネナールが別の人の体内に入って繁殖するなどということはありません。したがって、加齢臭がうつるということはないのです。

また、完全に解明されたわけではないものの、遺伝に関してもしないと考えて良いでしょう。それよりも、子供の頃から現在に至るまでの生活習慣によって加齢臭が出てくることの方が、圧倒的に多いのです。また、洗濯を介してニオイ移りすることもよくあります。

なので、加齢臭を防ぎたいならば、今すぐ生活習慣を改善することが大切です。遺伝だから仕方ないという言い訳はできませんので、お気を付けくださいね!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 臭いのお悩み解決サイト【ニオイ部クサイ課】 All Rights Reserved.