オリモノのにおいがいつもと違う!?考えられる理由と対策

女性の体は、オリモノによって守られています。このオリモノは、生理周期や体調などによって量が変化したりにおいが変わったりしますので、大切なものであるのにもしかして病気なのではないかと不安に思う理由になることもあるものです。

では、実際のところどうなのかと言うと、心配しなくていいこともあれば、場合によっては病気であることもあるため、オリモノのにおいがいつもと違う理由として考えられることを知っておくことは大切です。

また、病気ではなくてもにおいが気になることもありますが、においが強いと思う時には対策をすることでにおいを軽減することもできます。

そこで今回は、オリモノについて詳しく確認していきましょう。

感染を予防する大切な働きを持つ!オリモノについての基礎知識

オリモノが分泌されているお陰で、膣は自浄作用を持つ器官だと言われます。

では、オリモノとは何でできているのか、どのような働きをしているのかなど、オリモノについての基礎知識を見ていきましょう。

オリモノの構成と働き

オリモノとは子宮内膜・子宮頸部、そして膣から分泌されるもので、以下のもので構成されています。

  • 剥がれた細胞
  • 分泌物

オリモノの中には、善玉菌と悪玉菌がいるのですが、善玉菌は乳酸を作るため、膣の中が酸性に保たれます。それによって、外部から雑菌が入って感染しないよう予防する働きをしています。一方、悪玉菌はアミンと呼ばれる成分を発生させますが、これは魚のような生臭いにおいに例えられるにおいを発する成分です。

また、オリモノには、膣の中を潤わせることで精子を受け入れやすくするという役割もあります。

オリモノの本来のにおいは?

通常、膣の中では乳酸が作られて酸性に保たれていることから、すっぱいにおいがするのが普通です。

そのため、オリモノがにおうからと言ってすぐに心配することはないのですが、本来のにおいと違うと感じた時には注意が必要です。オリモノのにおいに変化がある場合、特に心配が無い場合もあるのですが、病気が隠されていることも考えられます。

オリモノの状態は変化します!

オリモノは、生理周期や年齢などによって変化するのが一般的です。

まずは生理周期とオリモノの量の関係ですが、以下のグラフのようにオリモノの量は排卵期が近づくにつれて増えていき、排卵期が過ぎると減っていきます。
★図作成中★
また、女性ホルモンの状態が変化するので、生理周期によってオリモノの状態も以下のように変わります。

生理周期 オリモノの状態
卵胞期 サラッとしてあまり目立たない
排卵期 透明でゼリー状
黄体期 粘りがありやや白っぽい
下着についたオリモノが黄色く見えることも

次に、年齢とオリモノの量の関係を確認しましょう。

年齢 オリモノの量
生理が始まってから10代にかけて 女性ホルモンの分泌量が不安定な時期
オリモノの量が増えたり減ったりする
20代から30代にかけて 女性ホルモンの分泌量が多い時期
オリモノの量も多い
40代から閉経まで 女性ホルモンの分泌量が減る時期
オリモノの量も減ってくる
閉経した後 女性ホルモンの分泌がほとんどなくなる
オリモノもあまり出なくなる

オリモノの量が増えれば、それだけにおいが気になる可能性が高いと言えます。

普段はにおいや量が気になる程度にしか思わないオリモノには、実は体を守る大切な役割があるんですね。それに、月経周期や年齢によってこんなにも変化があるなんて、驚きました。それを知っておくことで、適切に対処できそうです。

オリモノのにおいがいつもと違う!?考えられる原因

オリモノはすっぱいにおいがするのが普通なのですが、いつもと違うにおいがする場合は病気の可能い背もあるため要注意です。

では、オリモノのにおいがいつもと違う場合に、考えられる原因をまとめてご紹介します。

オリモノのにおいが生臭い場合

オリモノのにおいが生臭い場合、以下のような原因が考えられます。

  • 細菌性膣炎
  • トリコモナス膣炎
  • 淋菌感染症

細菌性膣炎は、膣の中に悪玉菌が増えることで起こります。悪玉菌が増えた結果アミンがたくさん作られることで、通常は酸っぱいにおいがするはずのオリモノが生臭くなっていると考えられます。原因となる細菌がはっきりしないことから、非特異性膣炎と呼ばれることもあります。

下着の中が蒸れていたり高温多湿の時期だったりすると雑菌が繁殖しやすくなるので、生臭いにおいが出やすくなります。痛みやかゆみを伴うこともありますが、オリモノの生臭いにおい以外に症が出ないこともあります。

また、トリコモナス膣炎にかかっている場合も、オリモノが生臭くなります。トリコモナス膣炎とは、膣の中でトリコモナス原虫と呼ばれる生物が増殖することによって発症する病気です。

トリコモナス膣炎の場合、オリモノが生臭いだけではなく、オリモノの色が黄色っぽかったり灰色っぽかったりするという特徴もあます。また、オリモノが泡立って見えることもあります。外陰部のかゆみや排尿痛などの症状が出ることもあります。

淋菌性膣炎の場合も、やはりオリモノのにおい以外に症状が出ないことも多く気づかないままになることもあるのですが、放置しておくと妊娠中に流産や早産を起こすこともありますし、また出産時に赤ちゃんに感染すると命にかかわることもあります。

水っぽいオリモノが出て臭い場合

水っぽいオリモノがたくさん出て、臭いと感じる場合、クラミジア感染症が疑われます。自覚症状はあまりありませんが、発生頻度はとても高い性感染症です。

クラミジア感染症をそのままにしておくと、不妊の原因や早産の原因になります。また、出産の際に赤ちゃんに感染する確率も20%から50%であると言われています。赤ちゃんが感染すると、重い肺炎を引き起こしたり結膜炎が起きたりします。

オリモノから悪臭がして血が混ざる場合

オリモノから悪臭がして血が混ざる場合、子宮頸がんまたは子宮体がんであることも考えられます。子宮頸がんや子宮体がんになるとオリモノのにおいが強くなるのは、細胞がもろくなり壊死したものや膿がオリモノに混ざって出てくるからです。

出血に関しては、はっきりと出血しているとわからなくても、オリモノが茶褐色になっていたら血が混ざっている可能性があります。

子宮頸がんや子宮体がんの場合、オリモノのにおいが強くなって血が混ざる以外にも以下のような症状が出ますが、初期はほとんど症状がありません。

  • オリモノの量も増える
  • 性交時や性交後に出血がある
  • 下腹や腰が痛い
  • 排尿に関するトラブルが起こる
  • 排便に関するトラブルが起こる

がんが大きくなると周りを圧迫するため、下腹や腰が痛くなることがあります。また、がんが膀胱に広がると、トイレに行くと痛い・頻尿になる・尿に血が混ざるなどのトラブルが出ます。直腸にがんが広がると、便から血が出たり下痢と便秘を繰り返したりします。

すっぱいにおいが強い時

オリモノはもともとすっぱいにおいがするものですが、そのにおいが強い時には以下のような原因が考えられます。

  • 強いストレス
  • 体調不良
  • 陰部の洗いすぎ
  • 抗生物質の服用

強いストレスや体調不良は、女性ホルモンの乱れを招くことがあります。すると、オリモノの状態も変わってしまい、自浄作用が妨げられることになります。

陰部を洗いすぎると善玉菌まで洗い流してしまうので、やはり自浄作用が上手く働かなくなりにおいが強くなることがあります。ビデや膣内洗浄剤の使いすぎも同様です。

抗生物質は病原菌を抑えるための治療薬ですが、同時に善玉菌の働きも抑えてしまうことがあります。その場合は、薬を飲み終わるまで待つことで改善されます。

これらは病気によるものではありませんが、オリモノのにおいを強めてしまっていることは確かです。

オリモノから悪臭がする原因にはいろいろありますね。これだと、何が原因なのかを自分で判断するのはとても難しいということになりそうです。やはり、気になることがあればすぐに受診する、それが一番だと思います。

気になるオリモノのにおいに効果的な対策法をご紹介します

病気が原因でオリモノのにおいが強い場合は、その病気を治療する必要があります。

ですが、例えばオリモノが多い時期であるなど治療が必要ない理由でオリモノのにおいが気になる場合、対策をすることでにおいを抑えることも可能です。では、オリモノのにおい対策として効果的な方法を見ていきましょう。

病気が原因の場合は適切な治療を受ける

病気が原因でオリモノがにおう場合は、婦人科などの専門医を受診し、治療薬や点滴など病気の内容に合った治療法で治療を受けることが必要です。

オリモノのにおい以外に症状が出ないこともあるのですが、自己判断は危険なので、気になる時は一度受診しておくと安心です。

それでは、ここからは、病気以外の理由でオリモノのにおいが気になる場合の対処法を見ていきましょう。

陰部は優しく丁寧に洗う

デリケートゾーンを綺麗にしようとするあまり洗い過ぎてしまう人もいるのですが、実はこれが逆ににおいを強めることになります。最初にもお話したように、オリモノの中には善玉菌も悪玉菌もいますから、洗いすぎることによって善玉菌まで減らしてしまった結果、オリモノによる自浄作用が働かなくなってしまうのです。

とはいえ、綺麗に洗わないと汚れが残ってしまって雑菌の繁殖の原因となります。

そこで、石鹸やボディーソープをしっかり泡立て、肌に傷を付けないようにしながら丁寧に洗いつつ、洗いすぎないように気を付けることが必要です。

入浴の際にデリケートゾーン専用の石鹸を使う

刺激の強い石鹸やボディーソープを使用すると、悪玉菌だけではなく善玉菌まで殺すことになってしまい、オリモノによる自浄作用が妨げられることでにおいが出てしまいます。そこで、刺激の少ないデリケートゾーン専用の石鹸やボディーソープを使うようにすることで自浄作用を保つことができます。

また、デリケートゾーンはその名称からもわかるようにとてもデリケートな部分ですので、使う石鹸やボディーソープによってはかぶれてしまうこともあります。そういった意味でも、専用の石鹸やボディーソープを使用した方がいいと言えます。

デリケートゾーン専用の商品には、においそのものを消してくれる成分が配合されているものもありますので、それらを使うことでにおいそのものに対する対策をすることも可能です。

通気性の良い下着を選びこまめに交換する

雑菌は蒸れていると繁殖しやすくなりますので、通気性の良い下着を選ぶことで雑菌の繁殖を抑えてにおいを軽減することができます。

オリモノには、タンパク質も含まれています。そのため、長時間放っておくと腐ったようなにおいになることもありますし、またオリモノが固まってしまうこともあります。そのため、可能であれば下着をこまめに交換するといいのですが、それも大変ですし、また外出先だとそれができないこともあります。

そのような時には、パンティーライナーを活用することでにおい対策をすることも可能です。においがもともと強いと感じている人の場合、デオドラントタイプの商品を使ってもいいですね。パンティーライナーも、こまめに取り換えるのを忘れないようにしましょう。

ストレスや体調不良がある場合は体をしっかり休める

ストレスや体調不良でオリモノのにおいが強くなっている場合は、女性ホルモンの乱れを解消する必要があります。

そこで、ストレスや体調不良があると感じた場合は、ゆっくり休んでホルモンバランスを整えるようにしましょう。

また、ストレス解消に役立つ栄養素もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

栄養素 ストレス解消に役立つ理由 食品の例
ビタミンB1 ストレスがかかると大量消費されるから
不足するとイライラやめまいなどを引き起こすから
牛乳・豚肉・ウナギ・ゴマなど
ビタミンC イライラを抑える副腎皮質ホルモンを合成するために必要だから
免疫力を高めるから
かんきつ類・イチゴ・ピーマンなど
タンパク質 副腎皮質ホルモンの合成に役立つから 肉・魚・卵・乳製品など
カルシウム 神経が興奮するのを抑えるから 乳製品・小松菜など
病気が原因の時はそれに合わせた治療が必要ですが、そうでない場合は悪玉菌には対策をしつつ善玉菌まで殺してしまわないように気をつけることが大切なんですね。専用の石鹸の使用など、できそうなことから始めるとやりやすそうです。

オリモノのにおいが気になる時はまず受診!その後自宅でできる対策を

オリモノはもともとすっぱいにおいがするものですが、においがいつもと違う場合は何らかの異常が起こっていることが考えられます。

オリモノから悪臭がするなど、オリモノのにおいに関して気になることがある場合には様々な理由が考えられるのですが、治療が必要な病気であることも考えられるので知ろうと判断は危険です。そこで、気になる時はまず専門医を受診し、問題がなければ自宅での対策を考えましょう。

専用の石鹸を使う、パンティーライナーを使用するなど簡単な対策もありますので、ぜひできそうなことから始めてみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 臭いのお悩み解決サイト【ニオイ部クサイ課】 All Rights Reserved.