ワキガの原因から治療法まで!知っておくべき知識をまとめてご紹介

体から何らかのにおいがすると、人目が気になって積極的になれない、仕事や学業に集中できないなどの様々な問題が起こってきます。特に、においが強く出ることもあるワキガで悩んでいる人も多くいます。

脇の下から独特のにおいがするワキガは、体質の影響で思春期ごろからすでににおいがする可能性があり、さらに近年は食生活などの変化で小さな子どもでもワキガになることがあると言います。そのせいで、いじめられるなどの問題に繋がっていることも確かです。

そこでこのカテゴリーでは、ワキガの原因は何か、どんなことがワキガ臭に影響するのか、治療は可能なのかなど、幅広く情報を集めてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

ワキガってどんなもの?原因やにおいの特徴などの基本情報を知ろう

なぜワキガ臭がするのか、原因がわかれば対策も立てやすくなります。そこで、最初に、ワキガ臭がなぜ出るのか、どのようなにおいがするのかなど、ワキガの基本情報を確認したいと思います。

ワキガは体質によるものです

ワキガのにおいは独特で、鼻をツンとつくような刺激臭がします。ワキガのにおいがイメージできないと言われる方は、まずはこちらの記事をご確認ください。
ワキガってどんなにおい?わかりやすくたとえてご紹介します!

では、なぜそのような臭いがするのかというと、それには人の肌に住んでいる常在菌や雑菌などと呼ばれる細菌と、2種類ある汗腺のうちアポクリン腺と呼ばれる汗腺が関係しています。脇の部分に住んでいる常在菌が、アポクリン腺から出る汗に皮脂が混ざったものを分解し、酸化させる時、ワキガ独特のにおいが発生します。

ですが、このアポクリン腺は誰もが持っているものです。それなのにワキガの人そうでない人がいるのにはアポクリン腺の状態が関係していて、以下のような状態の人がワキガになりやすいと言えます。

  • アポクリン腺の数が多い人
  • アポクリン腺が活発に働いている人

つまり、アポクリン腺から汗が多く出る人が、ワキガになりやすいということですね。アポクリン腺からの汗が多いとなぜにおうのかなどについてはワキガの原因について詳しく解説した記事でもっと詳細をご紹介しています。

ワキガは遺伝確率が高い!

ワキガにはアポクリン腺の状態が関係していますが、アポクリン腺の性質はどうやって決まるのかというと、親から受け継いだ体質で決まります。

ワキガ体質は優性遺伝と呼ばれて出やすい性質なので、ワキガの遺伝確率は高く、両親ともワキガなら8割、片親がワキガなら5割の確率で遺伝すると言われています。

このことから考えると、よく聞かれる、風邪のようにワキガがうつるのではないかという不安は感じなくて済むことがわかります。ですが、このような不安を感じることには理由があります。それは、ワキガ体質は遺伝なのでうつることがなくてもにおいがうつることはあるからです。

体質と言われると、子どものころからワキガ臭がしても不思議ではないと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、本来ならにおいが出始めるのは第二次性徴期と言われる10歳から12歳ごろだと言われています。そのころに、ホルモンの分泌量が増えてアポクリン腺が発達するからです。

ところが、近年は食生活の変化などの影響を受けて、早ければ7歳くらいからワキガ臭がし始める子どももいることがわかっています。子どもがワキガになると、学校で友達との関係が上手くいかなくなるなどの問題もあることから、子どものワキガについては親が対処法をきちんと知っておく必要があります。

子どものワキガの対策法を詳しく解説した記事では、子どもを傷つけない伝え方やにおいの消し方などの対処法が書かれていますので、お子さんのワキガでお困りの方はこちらを参考にしてみてください。

これは意外!?本人がワキガに気づかないことも!

ワキガの人が同じ空間に居るだけでもにおいを感じるなど、ワキガのにおいは強いですし、また刺激臭がすることから特徴的なにおいでもあるので、自分がワキガだと気づいている人はもちろんいます。

ですが、意外なことに、自分のにおいに慣れてしまってワキガの自覚が無い人もいるのです。

脇の下がにおうから自分がワキガかどうかを知りたい人はもちろん、理由はわからないけど人に避けられる、咳払いをされる、臭いと言われたなどの気になることがある人は、ワキガのセルフチェックを試してみてください。

これは、以下のような項目を元にワキガである可能性が高いかどうかを診断するものです。

  • 親がワキガか
  • 耳垢が湿っているか
  • 服の脇部分の色が変わるか
ワキガってのは、アポクリン腺からの汗や皮脂を雑菌が分解することで起こるものだけど、それは体質の問題だから本人が意識してどうこうなるものではないってことだな。

ワキガのにおいは汗臭さや加齢臭なんかとは違うものだから、それに合わせた対策が必要だっていうのがわかったよ。

子どもでもワキガになることがあるっていうけど、大人でも気になるんだから、子どもにもきちんとした対策をしてあげないといけないよね。

自宅で試したい!ワキガ臭が強くならないための対策法まとめ

ワキガそのものは体質の問題なので、根本的に治そうと思ったら病院で治療を受ける必要があります。

ですが、ワキガ臭を軽くすることは自宅でもできます。

そこで、自宅で試したいワキガ対策を、まとめてご紹介します。

においの強さに大きく影響する!食べ物に気をつけよう

どのような食べ物を食べるかは、ワキガ臭を抑えられるか、それとも強くしてしまうかに大きく関係しています。

ワキガ臭を強くする食べ物 ワキガ臭を抑える食べ物
タンパク質・脂質が多い食べ物
においの強い食べ物
インスタント食品
アルコール
タバコ
抗酸化作用を持つ食べ物
新陳代謝を促す食べ物
アルカリ性食品

食べ物とワキガ臭の強さに関しては、こちらの記事で詳細をまとめてご紹介しています。
食べ物でにおいの強さが変わる!?ワキガの人がすべき食べ方をご紹介

衣服ににおいが残ると強くにおいやすい!洗濯法できれいに落とそう

ワキガのにおいは、衣服にも染みつきます。それは、アポクリン腺から出る汗と皮脂、さらに皮膚にいる細菌が服にうつるからです。ということは、服の上でもワキガ臭が発生していることになりますので、においが余計に強くなってしまいます。

でも、服は洗濯するのだから大丈夫なのではないかと思うかもしれませんが、ワキガ臭を出す成分は普通の洗濯洗剤では落ちません。そのため、においの成分を落とせるような洗濯法をする必要があります。

では、どのような洗濯法があるのでしょうか。ワキガのにおいがついた服の上手な洗濯法について詳しくご紹介した記事ガ参考になりますので、こちらに書かれている洗濯法を試してみてください。

こちらの記事では、衣服ににおいがつくこと自体を防ぐことのできる、衣類用のスプレーについてもご紹介しています。こういった商品も便利に使えますので、洗濯に手間がかかって大変な場合や、服ににおいをつけたくない時などに利用してもいいですね。

ワキガ臭を消すクリームも便利!市販の商品を利用した対策法

ワキガで悩んでいる人が多いことから、市販の商品の中にもワキガ対策を目的として作られたものがあります。よく使われていて、なおかつ効果も高いのはワキガ対策用のクリームです。効果があるワキガクリームには、以下の成分が入っています。

  • 殺菌効果(イソプロメチルフェノール、シメン-5-オールなど)
  • 制汗効果(パラフェノールスルホン酸亜鉛など)

殺菌効果があることで汗や皮脂が分解されてワキガ臭が出るのを防ぐのともに、制汗効果も持たせることで汗そのものを出にくくすることとで、ワキガ臭を抑える工夫がされています。

お勧めの商品は、こちらの記事でご紹介しています。ワキガ対策【クリーム】ランキング

また、軽いワキガの場合、お風呂で使える体臭予防用の石鹸も役立ちます。柿タンニンや緑茶、ミョウバンなどの成分が消臭成分として知られています。

さらに、汗や皮脂が分解される前に汗を拭きとることでにおいの発生を抑えるなら、汗ふきシートが役立ちます。

ワキガそのものは体質の問題ですけど、生活習慣を変えたり簡単にできる対策をしたりすることによって、においを軽減することはできます。

ワキガがなぜ問題になるのかというと、対人関係が上手くいかなくなったり、自分に自信が持てなくなったりするからですよね。そのため、これらの対策を試すことでにおいが軽くなって人に気づかれない程度になれば、悩みも軽減されることになります。ですので、ぜひできることから試してみてください。

強いワキガの場合は対策が難しい!そんな時には病院で治療を受けよう

ここまで、自宅でできる対策法についてご紹介してきましたが、強いワキガの場合、それらの方法を試しても効果が期待できないことがあるのが正直なところです。

そのような場合や、自分ではどうしていいのかわからないという人には、病院で治療を受ける方法もあります。

病院での治療には様々な方法がありますので、どのようなものがあるのかご紹介します。

軽いワキガ対策には脱毛も役立ちます

まず、治療ではないのですが、医療脱毛などによって脇毛を脱毛することでもワキガ臭を軽減できることがあります。

脇毛があると汗を絡め取ってしまうことから濃度が濃くなりますし、またワキガ臭を出す細菌は毛根付近に住んでいることが多いとも言われています。その2つの理由で、脇毛脱毛をするとワキガ臭が軽減されるのです。

自分で脱毛をする場合、皮膚を傷めることによってかえって汗を増やしてしまう可能性があることも知っておきたいところです。

ワキガ治療をしてくれる診療科

それでは、ワキガ治療を受けたいと思った場合には、どのような診療科を受診すればいいのかを確認しましょう。

  • 皮膚科
  • 美容皮膚科
  • 形成外科
  • 美容形成外科
  • 美容整形外科
  • 美容外科

皮膚科以外でも診てもらえる!ワキガが気になる時は何科がお勧め?の記事で診療科の特徴やワキガの治療法についてまとめていますので、読んでみてください。

手術以外の治療法

手術をすると、傷跡が残ることを気にする方もいらっしゃいます。そのような方には、以下のような治療法がお勧めです。

  • ボトックス注射
  • 切らない治療法

ボトックス注射は、アポクリン腺を壊すなどの直接的な治療法ではなく、ボツリヌス菌の毒素を利用して汗を抑える治療法です。

また、切らない治療法を選択することも可能です。切らない治療法とは、高周波やマイクロ波などを利用して汗腺を破壊したり熱で変性させたりする方法で、ミラドライやビューホットなどがあります。

ワキガの切らない治療法の詳細をまとめた記事が参考になりますので、ぜひご覧ください。(※「傷跡が気になる人にお勧め!切らない治療法」の小見出しに飛ばしてください)

手術

手術による治療は、ワキガ臭の原因となるアポクリン腺を除去するため、効果が出やすいのが特徴です。

とはいえ、手術法はいろいろあり、重度のワキガにも効果的なものもありますし、傷跡を小さくすることを考慮したことで軽度のワキガ治療に特化したものもあります。

中でも効果が高い手術法は、皮膚を切開して直接アポクリン腺を見ながら取り除く直視下施術法と呼ばれる方法で、以下のように分けられます。

  • 剪除法・皮弁法・完全摘出法(名称が異なるが同じ内容の手術)
  • 直視下剥離法

目で見ながら取るので、皮膚の奥に埋もれているアポクリン腺以外はきれいに取り除くことができるので、効果はとても高いと言えます。ただし、残る傷跡は大きめです。

ワキガの重症度によっては手術が最善の策とは限らない場合もありますし、またリスクがあることも確かです。そのため、手術を選ぶかどうかは慎重に検討する必要があります。

手術法の詳細や費用の目安、手術のリスクなどについてまとめた記事がありますので、手術を検討している方はぜひ目を通してみてください。
効果が高いワキガ手術!リスクがあることも知って選択しよう

ふむふむ、ワキガだからすぐに手術をすればいい、というものでもないんだね。手術にはどうしてもリスクが伴うし、また同じ手術でも方法によって効果が違ったりもするということか。

病院では切らない治療法もあったりと、いろんな方法が選べるんだね。

そうなんですよね。病院に行けば必ず手術になるというわけでもありませんので、自分のワキガの程度や今どれくらい日常生活に悪影響があるかなどを考えて、最適な知慮法を選ぶべきだということですね。

とはいっても、自分では専門的なことはわからないといった場合もありますので、そのような時にはカウンセリングをしてもらってしっかり疑問を解決して、納得してから治療法を選びたいものです。

体質が原因で出るワキガ臭!においの強さなど状況に合わせた対策を

ワキガは、アポクリン腺の数が多かったり活発に活動していたりという体質によるものなので、ワキガを完治させるにはアポクリン腺を除去する手術を受けるしかありません。ですが、手術にはリスクがあるのも確かです。

ワキガの重症度などの状況によっては手術が最善の方法とは限りませんので、まずは自宅でできる対策を試してみて、それでも効果が無かった場合に病院を受診するという方法もあります。

においの強さや今どれくらい生活に影響しているかなどを考えて、状況に合わせたワキガの対策法を選びたいものです。

ワキガ対策は様々な方法がある!予防法から治療法までまとめてご紹介

自分の体からにおいがすると、気になるものです。中でもワキガは刺激のある強いにおいがするので、ワキガの人は特に何とかして対策をしたいと考えることでしょう。 ワキガの対策には、様々な方法があります。自宅でできる予防法もありますし、病院で本格的な治療を受けることも可能です。 そこで今回の記事では、ワキガの予防法から治療法まで様々な方法をまとめてご紹介しますので、ワキガで悩んでいる方はぜひ参考

効果が高いワキガ手術!リスクがあることも知って選択しよう

ワキガを治すために、手術はとても効果的な治療法です。実際に、手術を受けたことでにおいが出なくなったり軽減されたりして、人前に出る時に不安に思わなくなったなどの効果を実感している人もたくさんいます。 ですが、手術を受けさえすれば絶対にワキガが再発しないというもでもありませんし、また後遺症が出る可能性がある、傷跡が残るなどのリスクがあることは否定できません。さらに、費用の問題もあります。

皮膚科以外でも診てもらえる!ワキガが気になる時は何科がお勧め?

ワキガになると、何科で見てもらえばいいのか迷うところです。脇の下からにおいが出るということは肌に関係していそうなので、皮膚科と考える方もいらっしゃることでしょう。これはもちろん正しく、皮膚科でもワキガの治療をしてもらうことができます。 ですが、それ以外にもワキガの治療をしている診療科はいくつかあり、どの診療科にかかるかによって採用されている治療法の傾向が異なっています。 そこで、ワキガ

食べ物でにおいの強さが変わる!?ワキガの人がすべき食べ方をご紹介

自分からワキガ臭がする場合、何とかにおいを抑える身近な方法が無いかと考えますよね。その一つとして、食生活を改善する方法があります。 ワキガのにおいの原因はアポクリン腺という汗腺から出る汗と皮脂で、それを細菌が分解・酸化することでにおいが発生します。 そう言われると、ワキガと食生活には一見関係が無いようにも思えるのですが、実は食べ物によってワキガのにおいが強くなったり逆に抑えることができ

ワキガだと服ににおいがついてしまう!上手な洗濯など対処法まとめ

ワキガのにおいは、服に残りやすいことが知られています。なぜかというと、汗や皮脂、ワキガの原因となる細菌などが衣類にうつってしまうからです。そのため、ワキガかどうかを診断する時に、衣類が黄ばむかどうかもチェックされることがあります。 服にワキガのにおいが残ると、とても気になりますよね。着るたびに毎回服を洗濯しているのに、次に着ようとした時にワキガ臭がすると悩んでいる方も実際にいらっしゃいます。

脇毛脱毛でワキガのにおいが軽減する!それは毛量の減少が理由です

脇毛脱毛でワキガのにおいが軽減されるという噂がありますが、これは本当なのでしょうか。 結論から言うと、これは本当です。当然のことながら、脇毛脱毛をすると脇毛がなくなりますが、それがワキガのにおいを軽減させる理由です。とはいえ、脇毛脱毛はワキガの治療法ではないので、ワキガが治るというのは誤解です。 ところが、逆に脱毛によってにおいが強くなったと感じている人がいることも確かです。この二つの

子供からわきが臭がする!その時に気をつけたいこととすべき対策

子供からわきが臭がすると親は焦りますよね。特に洗濯や通学の支度などの際にお子さんと接する機会が多いお母様は、においに気付いた時特に不安に思われることでしょう。 なぜかというと、わきがのにおいは強いため、学校で友達に「臭い」などと言われてお子さんが傷ついたり、学校に行きづらくなったりすることが考えられるからです。 かといって、親が子供に直接わきが臭がすると言ってしまえば、家でお子さんを傷

湿ってるとワキガの確率が高い!?耳垢とワキガの関係を徹底解説!

脇の下からにおいがする気がして、自分がワキガかどうかがとても気になる…。そんな時に、自分でワキガかどうかを確かめられたら対策ができるので便利ですよね。 実は、ワキガかどうかを確かめるには、耳垢をチェックするといいと言われています。ワキガ治療専門のクリニックでも、耳垢を元にワキガかどうかをチェックする方法はかなり精度が高いと言われていますので、このチェック法はぜひ知っておきたいところです。

ワキガが遺伝する確率は高い!でも人からうつることはありません

ワキガのにおいはかなり特徴があり、強いにおいがすることが多いものです。そのため、ワキガの人と一緒にいることで、自分にもワキガがうつったらどうしようと不安に思う人もいるのです。 ですが、ワキガは体質が原因でにおいが出るものであるため、ワキガがうつることはありません。それなのに、なぜワキガがうつると考えられているのでしょうか。それは、遺伝しやすいためと、ワキガそのものがうつることはなくてもにおい

セルフチェックもできる!ワキガを診断するにはこんな方法があります

脇の下からにおいがすると、もしかして自分はワキガではないかと悩んでしまうこともあります。ですが、汗をたくさんかいたなどの理由でにおいが出ることもありますので、においがするからワキガだと判断することもできません。となると、簡単に判断できる方法があると便利ですよね。 ワキガかどうかをチェックする方法はいくつかあります。自宅でできる簡単なチェックもありますし、ワキガかどうかを判断するキットを用いる
1 / 212
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 臭いのお悩み解決サイト【ニオイ部クサイ課】 All Rights Reserved.