脇毛脱毛でワキガのにおいが軽減する!それは毛量の減少が理由です

脇毛脱毛でワキガのにおいが軽減されるという噂がありますが、これは本当なのでしょうか。

結論から言うと、これは本当です。当然のことながら、脇毛脱毛をすると脇毛がなくなりますが、それがワキガのにおいを軽減させる理由です。とはいえ、脇毛脱毛はワキガの治療法ではないので、ワキガが治るというのは誤解です。

ところが、逆に脱毛によってにおいが強くなったと感じている人がいることも確かです。この二つの意見は正反対ですが、このように感じる人もいると言います。

そこで今回は、脇毛脱毛でワキガのにおいが軽減されるのはなぜか、においがきつくなったと感じる理由は何か、脇毛脱毛とワキガの関係について詳しくまとめてご紹介します。

脇毛は汗を絡め取って濃度を高めるのでワキガのにおいが強くなる!

脇毛脱毛をするとワキガのにおいが軽減されるのには、ワキガの原因が関係しています。

その理由を確認する前に、脇の下からにおいがする気がするんだけど、私はワキガなの?と気になっている方は、こちらのワキガのセルフチェック法や診断法を詳しく解説した記事をご確認の上、チェックしてみてください。

また、ワキガのにおいの特徴を詳しく解説した記事も参考になりますので、合わせてご確認ください。

では、脇汗とワキガがどのように関係しているのか、詳しく確認しましょう。

ワキガのにおいの元

ワキガのにおいの元になるのは、アポクリン腺という名称の汗腺から出る汗です。それが、皮脂などと混ざり合い、さらに誰の皮膚にも住んでいる常在菌と言われる菌に分解されることでにおいが出ます。

ワキガの原因を詳しく解説した記事がありますので、今回は詳細のご説明は省略します。もっと詳しく知りたいと言われる方は、こちらをご参照ください。

ワキガのにおいと脇毛の関係

ワキガの原因となるアポクリン腺から出る汗には脂質や糖質などいくつかの成分が含まれていますので、少しねばっとした感じの汗になります。そのため脇毛にくっつきやすく、だんだんと濃度が濃くなっていきます。

つまり、脇毛があることによってにおいの原因になる汗が絡め取られて濃くなることで、より強いにおいが感じられるようになるということです。

さらに、アポクリン腺からの汗や皮脂を分解する細菌は、毛根の部分に多く住んでいることもわかっています。そのため、脇毛が多いほど、細菌が住んでいる可能性も多くなるということです。

つまり、脇毛が無くなってアポクリン腺からの汗の濃度が濃くならないことと、脱毛によって毛根が無くなって細菌の数が減ることから、ワキガのにおいが軽減されるということですね。

においが軽減されてもワキガが治るわけではない!

脇毛脱毛をすることにはワキガのにおいを軽減させる効果がありますが、これは治療法ではないのでワキガそのものを治療するものではないということは知っておく必要があります。

アポクリン腺が残っていると汗が出るのは止められないので、ワキガを根本的に治療するならアポクリン腺を取り除くなどの方法による治療を受ける必要があります。

一例として、ワキガ手術について詳細を解説した記事では手術についてまとめていますので、こちらも参考にしてみてください。

脱毛の施術の際にアポクリン腺にも影響が出る?

これは医療機関によって取る立場が違うのですが、脱毛の施術の際に汗腺には影響を与えないと説明している医療機関と、その際に熱を発生させるので熱がアポクリン腺に多少影響を与えると説明している医療機関があります。

人間の体にはアポクリン腺以外にもエクリン腺という汗腺があり、こちらは全身に分布していて、毛とは関係ない位置にあります。ですが、アポクリン腺は毛穴と繋がっているため毛がある場所にしか存在せず、また全身ではなく脇の下や性器周辺など限られた部分にしかありません。

以下のイラストは脱毛の際のイメージ図で、黒く見える毛の部分にだけレーザーが反応するということを説明した図なのですが、これを見るとアポクリン腺が毛のある場所に存在するということがよくおわかりいただけるのではないかと思います。
★図作成中13-1★
ですが、いくら黒く見える毛の部分にだけレーザーが反応するとはいえ、アポクリン腺は毛穴と繋がっている以上、脱毛の施術を行った際に熱によってある程度影響を受けるのではないかとしている医療機関もあるということです。

アポクリン腺が影響を受けると、汗が出にくくなるわけですから、それもワキガのにおいの軽減に役立つんですね。ただし、影響を受けるとしても多少だと説明されていますので、どちらの立場を取ったとしても、脱毛の施術の際に完全にアポクリン腺を壊してしまうことはないということは確かです。

施術の方法から見ても、やはり脇毛脱毛はワキガのにおいを軽減されるのには役立っても、治療をするわけではないということがわかります。

脇毛があると、ワキガの原因となるアポクリン腺から出される汗が絡め取られて濃くなってしまいますし、毛根で細菌が増えやすいので細菌の数を多くすることにもなってしまうんですよ。だから、脇毛脱毛をして脇毛が無くなれば、においが軽減されるんです。

でも、これはワキガの治療法ではないので、脇毛脱毛でワキガが治るというのは言い過ぎだということです。ワキガを治すのではなく、においの軽減に役立つという意味なんですよ。

脇毛脱毛でにおいが強くなる!?勘違いが起こる原因とは

最初に、脇毛脱毛をしたことで余計ににおいが強くなったと感じている人もいることをお話ししましたが、脱毛をすると本来はワキガのにおいが軽減されるはずなので、不思議に思えます。ですが、これにもきちんとした理由があります。

では、なぜ脱毛によってにおいが強くなったという勘違いが起こるのか、確認したいと思います。

脱毛後の毛穴に皮脂などが溜まることが原因!

脱毛した後ににおいが強くなる原因の一つに、毛穴に皮脂などが溜まるというものがあります。

皮脂や垢が毛穴に溜まると、溜まったものが酸化されることでにおいが出るのです。

この場合は、皮膚を見てみると、毛穴に白っぽいものが溜まっているのがわかります。白っぽいものは、黒っぽく変化をすることもあります。その場合は絞り出すことで対処できますが、続くようなら皮膚科を受診して処置してもらった方が安心です。

脇に毛が無くなることで汗の感覚が強くなることも原因の一つ

脇に毛が無くなると、汗が出た時に汗が流れる感じがわかりやすくなります。これまで脇毛に溜まることで汗が流れる感覚をそれほど感じずにいたところ、脱毛によって脇毛が無くなったことによって、汗が流れるという感覚が強くなることがあります。それが、脱毛によって汗が出やすくなったと勘違いしてしまう原因です。

汗が出やすくなったと思い込むことで、今度はにおいがするのではないかと気になって緊張すると、余計に汗に意識が向いてしまい、その結果汗をかきやすくなるという悪循環に陥ってしまいます。すると、汗をかいたことでにおいが強くなってしまうということが起こります。

ところが、ごく一部、実際に脱毛をしたことによって脇汗の量が増えたという人もいることが確認されていますので、その場合はボトックス注射を受けるなどの方法で汗を軽減することも可能です。

せっかく脇毛脱毛をしたのににおいが強くなることもあるなんて、わけわかめだよ…と思ったけど、なるほど、ワキガのにおいが強くなったんじゃなくて、毛穴に皮脂が溜まったり汗の感覚がわかりやすくなったりするからにおいが強くなった気がするだけなんだねえ。

本来なら、ワキガのにおいが軽くなるってのは間違いないってことだね!

さすがにおい田課長です!おっしゃる通りで、脇毛脱毛でにおいが強くなるというのは、実は勘違いだということが多いんですよ。

ただし、本当に脇汗の量が増える人が少数ですがいることがわかっているので、その点だけは注意が必要です。なぜ脱毛したら例外的に脇汗が増える人がいるのかは、医学的にまだ解明されていないんだそうです。

脇毛脱毛は医療機関やサロンで受けられる!両者の違いは?

脇毛脱毛をすると言った時に、みなさんはどこで脱毛をすることを思い浮かべますか?

脱毛ができる場所は、大きく分けて2種類あります。1つが医療機関で、もう1つがサロンです。

もちろん、自分で脱毛をするという選択肢もないわけではないのですが、肌を傷める可能性があるなどの理由から、専門家に任せる方が安心だと言えます。

では、医療機関とサロンの脱毛には何か違いがあるのでしょうか。見ていきましょう。

違いは照射力!

医療機関とサロンの脱毛には、以下のような違いがあります。

医療機関とサロンの脱毛の違い
項目 医療機関の脱毛 サロンの脱毛
主流の方法 レーザー脱毛 光脱毛
照射力 強い 弱い
波長の特徴 単一の波長 複数の波長

簡単に言えば、医療機関の脱毛の方が照射力が強いということですね。

これら以外の方法での脱毛を行っているところもあるのですが、今回は主な脱毛法であるこの2つに絞ってご紹介したいと思います。

それでは、この特徴を元に、それぞれの脱毛法のメリットとデメリットを確認しましょう。

メリット・デメリットの比較

まずは、医療機関で主に行われているレーザー脱毛について見ていきましょう。

レーザー脱毛のメリット・デメリット
メリット デメリット
照射力が高く効果が出やすい
施術回数が少ない
トラブルがあった時医師に対応してもらえる
痛みを感じやすい(麻酔使用の医院も多い)
費用が高め

次に、サロンで主に行われている光脱毛について見ていきましょう。

光脱毛のメリット・デメリット
メリット デメリット
痛みや肌へのダメージが少ない
費用は安め
照射力が弱いので効果は緩やか
施術回数が多くなる

照射力の違いによって、このような差が出るということですね。医療機関で脱毛をする場合、万が一何らかのトラブルがあった時に医師に対応してもらえるという点で安心感があります。

ワキガだからと施術を断られることはありません

脱毛に行こうと考えた時、ワキガのにおいの軽減に役立つとわかっていても、逆にワキガだからこそ行きにくいと考える方もいらっしゃいます。

ですが、心配する必要はありません。医療機関であれば当然それも想定していますし、実際にレーザー脱毛によってワキガのにおいが軽減されることに言及している病院もあるほどです。

また、一般の脱毛サロンなどの場合も、それを原因に断ることはありません。万が一断るようなサロンがあるとしたら、そこには行かない方がいろいろな意味で安心です。

ただし、においが強いようなら、においを消す石鹸を使う、可能なら行く前にシャワーを浴びるなどの対策はしておいた方が、行く方としても気にならずにいいですね。ですが、普段のワキガ対策にクリームや制汗剤などを使用している場合、それは付けずに行きましょう。毛穴がふさがっていると、施術の効果が落ちてしまいます。

普段のワキガ対策にどのような方法があるか知りたい方は、こちらが参考になりますよ。
ワキガの対策法を詳しくまとめてご紹介

なるへそ!脱毛には、医療機関で受けるレーザー脱毛と一般のサロンで受ける光脱毛があるってことだね。

照射力に違いがあるから、施術の効果や回数、費用面などに差が出てくるわけか。となると、自分の好みに合わせて選べるから便利だねえ。

脇毛脱毛ではワキガは治りませんがにおいを軽減させることは可能です

以上のことから、脇毛脱毛にワキガそのものを治療する効果はなくても、脇毛の量が減ることでアポクリン腺からの汗が濃くなったり細菌が増えやすくなったりすることが無くなるといった理由でにおいを軽減させることが可能だと言えます。

施術は医療機関やサロンなどで受けることができますが、それぞれで主流になっている脱毛法には照射力の違いがあるため、効果の出方や施術中の痛み、費用などに差が出てきます。そのため、脱毛を受けたいのであれば、どこで受けるのかを選ぶ必要があります。

ワキガのにおいが軽くなるだけでもいいという人は、脱毛も一つの手段として考えるといいですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 臭いのお悩み解決サイト【ニオイ部クサイ課】 All Rights Reserved.