皮膚科以外でも診てもらえる!ワキガが気になる時は何科がお勧め?

ワキガになると、何科で見てもらえばいいのか迷うところです。脇の下からにおいが出るということは肌に関係していそうなので、皮膚科と考える方もいらっしゃることでしょう。これはもちろん正しく、皮膚科でもワキガの治療をしてもらうことができます。

ですが、それ以外にもワキガの治療をしている診療科はいくつかあり、どの診療科にかかるかによって採用されている治療法の傾向が異なっています。

そこで、ワキガが気になる時には何科にかかればいいのか、それぞれの診療科ではどのような治療法が取られることが多いのか、詳しく見ていきましょう。

ワキガの治療は皮膚科以外にも形成外科などで行っています

それでは、ワキガの治療はどのような診療科で受けることができるのか、確認したいと思います。それぞれの診療科の特徴も、合わせて見ていきましょう。

皮膚科・美容皮膚科

皮膚科の場合、皮膚に関することが専門分野ですので、治療法としては塗り薬の使用や内服薬の使用、ボトックス注射などが中心となります。直接ワキガの原因となるアポクリン腺を切除したり吸引したりなど、直接的な治療はあまりないということですね。

なぜアポクリン腺がワキガに関係するのか知りたいと言われる方は、こちらの記事が参考になりますのでご覧ください。
ワキガの原因を詳しく解説

そのため、ワキガかどうかを診断したい、体に負担を掛ける治療はあまりしたくないという場合にかかるのに向いているのが皮膚科だと言えます。自宅でワキガかどうかをチェックできる方法もあるのですが、それでも判断が難しい時などに相談に乗ってもらうことができます。

自分がワキガかどうかをチェックしてみたい、診断方法が知りたいと言われる方は、こちらのワキガのセルフチェック法や診断法を詳しく解説した記事をぜひご覧ください。

美容皮膚科は、皮膚科と同様に皮膚に関することを中心に扱いますが、皮膚科よりも治療法の選択肢が多いことが特徴です。

形成外科・美容形成外科・美容整形外科・美容外科

形成外科・美容形成外科・美容整形外科・美容外科では、手術による治療法を始め、いろいろな治療法でワキガの治療を受けることができます。

アポクリン腺を取り除いたり吸引したりといった直接的な治療法から、においの原因となるアポクリン腺からの汗が出るのを抑える治療法などがあります。

どの診療科であっても、複数の治療法を提案している病院が多いのが特徴です。

アポクリン腺を取り除くなど直接的な治療をしたい人や、様々な治療法から自分に合っているものを選びたい人などに向いているのが、これらの診療科です。

複数の診療科を持つ病院やワキガ専門の病院も!

先ほど診療科を分けて特徴を確認しましたが、例えば皮膚科と形成外科、美容外科と形成外科、一般皮膚科と美容皮膚科など、複数の診療科を持つ病院も存在しますので、そのようなクリニックであれば治療法の選択の幅が広がることもあります。

また、その逆に、様々な疾患を治療するのではなく、ワキガの治療を専門に行っている病院も存在しています。

ワキガは、皮膚科だけではなく複数の診療科で診察や治療をしてもらうことが可能なんですね。

皮膚科の場合は、外用薬や内服薬などを使っての汗を抑える治療が中心です。それに対して美容皮膚科や形成外科などの診療科では、治療法が1つに限定されている病院もあることはありますが、複数の治療法が提示されていてその中から選べる場合も多くあります。

中にはワキガを専門に扱っている病院もありますので、そういったところを受診するのもいいですね。

どんな方法がある?ワキガの治療法をまとめてご紹介します

それでは、ワキガ治療の際に行われる治療法にはどのようなものがあるのか、まとめてご紹介します。

外用薬による治療

外用薬としては、塩化アルミニウム外用などの塩化アルミニウムが配合された治療薬が処方されます。これを、脇などのにおいが気になる場所に塗ります。

塩化アルミニウムには皮膚の角層と結合する性質があるので、皮膚の表面に蓋ができた状態になって汗が出る穴が塞がれ、汗が外に出にくくなります。すると、アポクリン腺から出る汗の量が減るので、においの原因にある物質が減り、それによってワキガのにおいを抑えるという仕組みになっています。

ただし、塩化アルミニウム外用は刺激性のある薬なので、傷ができていたり肌が弱かったりすると使えない可能性があります。

また、これは汗を抑えることでにおいを軽減する治療法で、アポクリン腺を除去したりするわけではないので、ワキガの原因となるアポクリン腺そのものに対して治療をするわけではないことを知っておく必要があります。

内服薬による治療

内服薬としては、プロバンサイン内服・臭化プロパンテリンなどといった種類の治療薬があります。これらの治療薬は神経に対して作用するもので、発汗を抑える効果を持ちます。保険適応の薬なので、値段の面でも安心感があります。

内服薬なので、においが気になる場所だけではなく全身に対する効果がある点が特徴です。服用して1時間程度で効果が出始め、その効果は5時間程度持続します。

ですが、どちらかといえばワキガよりも多汗症の治療に使われることが多い治療薬です。

ボトックス法

ボトックス法とは、A型ボツリヌス菌と呼ばれる菌の毒素を利用して行う治療のことで、汗が気になる部分に注射をすることで、汗を抑えることができます。アポクリン腺からの汗の量が減れば、それだけにおいを抑えることができるということです。

ボトックス法ではなくボツリヌストキシンと呼ばれることもあるのですが、ボトックス法は特定の会社が製造する製剤を使って治療をする場合の名称で、ボツリヌストキシンはA型ボツリヌス菌の毒素を利用した製剤を使って行う治療全般のことを言います。

ワキガの場合、脇の下に注射するだけでにおいを軽減できるので、手軽な治療法ではあるのですが、効果がずっと続くものではなく、3か月~6か月程度の間隔で繰り返して治療を受けなければいけないというデメリットがあります。

手術

ワキガは、手術によってアポクリン腺を除去する方法でも治療できます。

手術には、大きく分けると2種類あります。1つが直接アポクリン腺を見ながら行う直視下手術法で、もう1つが傷跡をあまり残さないようにするために直接見るのではなく皮膚に小さな穴をあけることによって手術を行う非直視下手術法です。

ここでお話するとかなり長くなってしまいますので、手術についてはワキガの手術法について詳しく解説した記事がありますので、そちらをご覧ください。

切らずに行うアポクリン腺に対する治療

手術をすると、傷跡が残ることは避けられません。それを考慮して、切らずにアポクリン腺に対する治療を行う方法も考え出されています。

例えば、以下のような治療法があります。

  • ビューホット
  • ミラドライ

これは一例で、他にも治療法があります。手術以外の治療法についてはワキガの対策法を詳しく解説した記事の中でご紹介していますので、そちらを読んでみてください。

驚き桃の木山椒の木!ワキガの治療法って、いろいろあるんだねえ。薬を使ったり、手術をしたり。

切らないでアポクリン腺に対する治療をすることもできるのか。切ると、どうしても傷跡が気になるから、そういう選択肢があるとありがたいねえ。

事前にチェックしておきたい!病院を受診する前の注意点

ワキガかどうかを診断してもらいたい、ワキガの治療を受けたいなどという場合に、選べる診療科が複数あることを先程確認しました。さらに、ワキガ治療に携わっている病院は多くあります。そのために、受診前に気をつけたいことがあります。

では、どのようなことに気をつければいいのか、事前にチェックしておきたいことを確認しておきましょう。

信頼できる病院を探す

ワキガ治療をしてくれる病院はたくさんあるのですが、全ての病院が親身になって治療をしてくれるかというと、疑問な部分もあります。なぜかというと、ワキガ治療もできるけれど専門ではないとなると、知識的な部分で不安が残ることも確かです。そこで、ワキガ治療を受けるのなら、信頼できる病院探しをしたいものです。

具体的には、以下のような病院が安心です。

  • ワキガ治療専門の病院である
  • 専門ではなくてもワキガ治療に力を入れている病院である
  • ワキガ治療に関する治療実績が公開されている
  • カウンセリングの際に疑問にきちんと答えてもらえる
  • 治療のリスクについても説明してもらえる

ホームページ上に情報を公開している病院も、たくさんあります。それを見ると、ワキガ治療専門であったり、ワキガ治療に力を入れていたりする場合はワキガに関してのきちんとした情報を提供していますし、また治療実績を公開していることもあります。

治療実績がたくさんあれば、経験豊富だと考えることができますので安心です。ただし、治療実績を重ねるためにずさんな治療をしているところが無いとは言えませんので、口コミなども合わせてチェックすると安心です。

ワキガの強さによっては、自分が希望する治療法が合わないということもあります。そのような時に、きちんと相談に乗ってもらえることも大切な要素です。電話などで問い合わせをする場合や、カウンセリング・診察を受ける際に、きちんと相談に乗ってくれるかどうかも確認しておきましょう。

不安に思うようであれば、病院を変えることも一つの方法です。

においの診断の妨げになりそうなことをしない

病院選びをして、いざ受診したのに、ワキガではないと言われて驚いたという話も実際に聞かれます。それには、自分がワキガ臭だと思っていたのに実際には汗のにおいだった、においに神経質になり過ぎていてにおっていないのににおっている気がしていたなどの理由があることもあります。

ですが、例えば、以下のような受診する人が診察前ににおいの診断の妨げになるようなことをしてしまったために、においが正確に判定できなかったということもありますので、注意しましょう。

  • 制汗剤を使用する
  • お風呂でにおいを落す
  • ワキガ対策クリームなどを塗っている

たとえ相手が医者であっても自分のにおいを知られるのが恥ずかしいと思ったり、外出することがあっていつものように対策をしてしまったりというような理由で、ワキガのにおいを抑えるようなことを診察前にすると、正確な判定ができません。

そのため、本当はワキガなのにワキガだと診断されない、本当はにおいが強いのに軽いワキガだと判定されるといったことが起こってしまう可能性もあります。

正確に診断してもらうためにも、診察前にはワキガのにおいを抑える事は避けましょう。

そうか、ワキガを見てもらえる診療科は複数あるし、治療を行ってくれる病院もたくさんあるからこそ、信頼できる病院を探すことが大切なんだね。事前の情報確認が大切だってことがわかったよ。

それから、せっかく信頼できる病院を選んでも、においの診断をちゃんとしてもらえないと意味が無いんだなあ。病院に行くために外に出ることを考えるとついにおいを消したくなるけど、そこは我慢ってことだな。

本当にそうですよね、におい田課長。ワキガが気になって病院を受診しようと思う場合、普段からにおいを意識しているということですから、病院に行くときもついにおい対策をしてしまったりするんですよね。

でも、正確な診断をしてもらうためにはそれが妨げになってしまうので、病院に行く時はにおいをきちんと診断してもらえるように、対策をするのは控えた方がいいですね。

ワキガは複数の診療科で診てもらえる!だからこそ病院選びは慎重に

以上のように、ワキガは皮膚科を始め複数の診療科で診察してもらえます。

皮膚科では、外用薬や内服薬を扱っていることが多いということが特徴で、それ以外の診療科では、手術や切らない治療法など様々なワキガの治療法を実施していることが多くなっています。

そのため、まずは皮膚科でワキガかどうかを判定してもらってから本格的な治療に入るという方法も考えられますし、かなりにおいが強いと自分でもわかっているのなら最初からアポクリン腺に対する治療を行っている病院を選ぶ方法もあります。

いすれにしても、ワキガ治療を積極的に行っている病院が安心ですので、口コミなどの情報も合わせて確認しつつ、信頼できる病院を選びたいものです。ワキガの診断をしてもらう際には、においを抑えるような対策をせずに行くことでより正確な診断を受けることができますので、その点には気をつけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 臭いのお悩み解決サイト【ニオイ部クサイ課】 All Rights Reserved.