食べ物でにおいの強さが変わる!?ワキガの人がすべき食べ方をご紹介

自分からワキガ臭がする場合、何とかにおいを抑える身近な方法が無いかと考えますよね。その一つとして、食生活を改善する方法があります。

ワキガのにおいの原因はアポクリン腺という汗腺から出る汗と皮脂で、それを細菌が分解・酸化することでにおいが発生します。

そう言われると、ワキガと食生活には一見関係が無いようにも思えるのですが、実は食べ物によってワキガのにおいが強くなったり逆に抑えることができたりします。

では、なぜ食べ物とワキガのにおいの強さに関係があると言えるのか、その理由を詳しくまとめ、ワキガの人がどのような食生活をするべきなのかを合わせてご紹介します。

アポクリン腺の働きを活発にする!ワキガのにおいを強くする食べ物

食事でワキガのにおいが強くなるのには、ワキガの原因が関係しています。

ワキガの原因を詳しく解説した記事がありますので、ここでは簡単にお話させてもらいますが、アポクリン腺から出る汗と皮脂腺から出る皮脂が混ざり、それを細菌が分解したり酸化したりすることでワキガ臭が発生するという仕組みになっています。

いわゆるワキガ体質と言われる人は、アポクリン腺の量が多かったり、活動が活発であったりします。アポクリン腺の性質は生まれながらに決まっているので、食べ物に気を付けたからと言ってワキガが完治するという意味ではありません。

ですが、食べる物によってワキガ臭が強くなったりワキガ臭が抑えられたりすることはありますので、食生活を見直すことによってワキガ臭を軽減させる効果が期待できます。

そこで、まずは、ワキガのにおいを強くする食べ物にはどのようなものがあるか見ていきましょう。

アポクリン腺を刺激する食べ物

栄養素の中にはアポクリン腺を刺激して活発に働かせるものがあるのですが、それが動物性タンパク質と脂質です。

動物性タンパク質を含むのは、以下のような食べ物です。

  • 肉類
  • 乳製品
  • バター

脂質を多く含むのは、以下のような食べ物です。

  • 植物油(リノール酸が含まれるもの)
  • ラード
  • 牛脂
  • マーガリン
  • バター
  • 肉類

これらを多く摂りすぎると、アポクリン腺が活発に働いて汗がたくさん出るため、それに伴ってにおいの元となる成分が増えるので、ワキガ臭が強くなります。

脂質はアポクリン腺からの汗や皮脂に含まれるにおいを出す物質の元でもあるので、においに大きく影響します。とはいえ、脂質を極端に摂らないとビタミンが吸収されないなどの問題が起こりますので、必要量は摂る必要があります。

油についてですが、全ての油が悪いわけではなく、リノール酸が含まれる油が体臭には悪影響です。リノール酸には、血液中の中性脂肪やコレステロールの量を増やす性質がありますし、さらに体内で酸化することでにおいを出す物質の元にもなりますので、ワキガ臭を悪化させます。

リノール酸が含まれる植物油の例は、以下の通りです。

  • 紅花油
  • ひまわり油
  • とうもろこし油
  • 大豆油
  • ごま油

また、リノール酸は、植物油以外にもマヨネーズやファットスプレッド、バターピーナッツなどにも含まれています。

インスタント食品

インスタント食品にも多くの油脂が入っていますので、避けるようにしたいものです。また、それだけではなく、インスタント食品には添加物も多く含まれています。

添加物が多いと、胃と腸での食品の分解や吸収が妨げられるので、腐敗物が溜まりやすくなります。それが、悪臭の原因になります。さらに、添加物によっては消化吸収される時ににおいが出るものがあり、それがきついにおいの原因になることもあります。

体臭がきつくなったものがワキガのにおいと混ざると、ワキガのにおいもきつくなって感じられます。

発汗を促す食べ物やにおいの強い食べ物

発汗を促す食べ物を食べると、汗の量が増えるのでワキガのにおいが強くなります。香辛料などが、発汗を促す食べ物に当たります。

また、においの強い食べ物を食べることも、体臭全般をきつくすることが知られています。においの強い食べ物とは、以下のようなものです。

  • ニラ
  • ニンニク
  • タマネギ
  • キムチ

これらの食べ物も、適度に楽しむようにしたいものですね。

塩分

塩分を取り過ぎることも、ワキガのにおいを強める可能性があります。塩分を取り過ぎると、血液中の塩分濃度を薄めるために水分を血液中に取り込むため、血圧が上がります。すると、全身に血が上手く巡らなくなり、その結果新陳代謝が低下します。

新陳代謝が低下すると、ワキガのにおいの原因の一つと考えられている、過酸化脂質という名前の物質が発生しやすくなります。

お酒やタバコも要注意!

食べ物とは少し違いますが、お酒やタバコもワキガのにおいを強くします。

まずはお酒からですが、アルコールは発汗作用を持っています。そのため、お酒を飲むと汗がたくさん出るのですが、その際に体温調節をする役割を持つ汗腺であるエクリン腺だけではなく、アポクリン腺からの汗の量も増えます。

さらに、体内で分解されたアルコールは、強いにおいを出す物質に変わります。そのにおいが汗を通して外に出ることでも、体臭がきつくなってしまうのです。

タバコには、アポクリン腺を刺激する性質がありますので、アポクリン腺からの汗の量が増えます。それによって、ワキガ臭が強くなってしまいます。

冗談はよし子さん!これでは、食べられる物がなくなってしまうじゃないか…。タンパク質や脂質は、アポクリン腺を刺激するんだねえ。となると、ワキガのにおいが強くなるのも仕方がない気がするよ。

他にも、香辛料やにおいの強い食べ物も避けた方がいいんだね。そして、お酒にタバコもダメ…。食生活、ちょっと見直さないといけないかもなあ。

抗酸化作用がある食品などがお勧め!ワキガのにおいを抑える食べ物

それでは逆に、ワキガのにおいを抑えてくれる食べ物についても、その理由と合わせて見ていきましょう。

抗酸化作用のある食べ物

ワキガのにおいはアポクリン腺からの汗や皮脂が混ざったものが細菌に分解・酸化されることで出るのですから、酸化するのを防ぐことができればその分においを抑えることができます。

そこで、酸化を防ぐ役割をする食べ物、つまり抗酸化作用がある食べ物を食べるといいわけですね。

抗酸化作用があるのは、以下のような食べ物です。

栄養素 食べ物の例
ビタミンA 緑黄色野菜・ウナギなど
ビタミンC かんきつ類・パプリカなど
ビタミンE ナッツ類・ゴマなど

これらのビタミンは、3種類を合わせて摂取することでさらに効果が上がることが知られています。

新陳代謝を活発にする食べ物

先ほど塩分のところで新陳代謝が低下すると過酸化脂質が発生しやすくなることをお話しましたが、その逆に皮膚の新陳代謝が活発になると、過酸化脂質の発生が抑えられることがわかっています。そのため、ワキガ臭を軽減するのに役立つのです。

肌の新陳代謝を活発にする栄養素は、ビタミンAやビタミンEです。食べ物の例につきましては、抗酸化作用の部分でご紹介しましたので、ここでは省略します。

体内でアルカリ性になる食べ物

体内でアルカリ性の作用をする食品のことを、アルカリ性食品といいます。もともと人間の血液は弱アルカリ性に保たれていますが、それが酸性に近づいている人は、体の中で酸化が起こりやすい状態になっています。

そこで、アルカリ性食品を食べることで、血液を本来の弱アルカリ性に戻すことで、酸化を起こりにくくすることでワキガ臭を抑えることができると言えます。アルカリ性食品の代表は梅干しだと言われていますが、それも含めてアルカリ性食品には以下のようなものがあります。

  • 梅干し
  • 緑黄色野菜
  • わかめ・こんぶ・めかぶ
  • しいたけ
  • バナナ
  • 大豆
  • こんにゃく

ワキガ臭が気になる時は、これらの食品を積極的に取り入れたいものです。

ただし、酸性食品をまったく食べないとなると栄養バランスが崩れてしまいますので、アルカリ性食品が献立の中に無いというようなことにならないように、意識して取り入れるという感じで考えましょう。

ちなみに、酸性食品とは、肉類や卵、砂糖などを言います。

ふむふむ、なるほど。ワキガ臭が出るのは体内で酸化が起こったり、においの原因になる物質ができたりするのが原因だから、それを抑えるような食事をすればいいということなんだね。それが抗酸化作用や新陳代謝を活発にする作用を持つ食品ってわけか。

それに、血液が酸性に近づくことも関係してるなんてびっくりだよ。それなら、アルカリ性食品ばかり食べたくなるんだけど、それじゃあだめってことなんだよね?

そうですね。アルカリ性食品ばかりを食べていると摂れない栄養素が出てくるので、健康に影響が出てしまいます。タンパク質や脂質も、取り過ぎが問題なだけで、全く摂らないとそれもまた栄養バランスを崩すので問題なんですよ。

要は、バランスの良い食事の中に、ワキガ臭を抑える効果を持つ食品を多く摂り入れると考えればいいんですね。

食べ方にも気を付けたい!ワキガ臭を抑える食べ物の食べ方

この食べ物を食べるとワキガのにおいが悪化するというのではなく、食べ方によってもワキガのにおいが強くなることがあります。

ということは、それに気をつければワキガのにおいをさらに抑えることが可能だということになります。

では、どのような食べ方をすればいいのか、確認しましょう。

よく噛んで食べ腹八分目で食べ終わろう

食べ物をあまり噛まずに食べると、消化吸収が悪くなり、腸の中で腐ってしまうことがあります。すると、腐敗臭が出るので、体臭全般がきつくなります。そのため、食べ物はしっかり噛んで、ゆっくり食べるように気をつけましょう。

また、お腹がいっぱいになるまで食べた場合や、寝る前に食べ物を食べた場合も、消化器官を過剰に働かせることになるので消化吸収が悪化する原因になります。

それによってワキガ臭がきつくなりますので、決まった時間に食事をしてよく噛んで食べ、腹八分目で食べ終わるようにするといいですね。

あたたかい食べ物を食べよう

冷たい食べ物を食べ過ぎると、内臓が冷やされるので、消化吸収が上手く出来なくなります。

さらに、体が冷えると新陳代謝の機能も低下してしまうので、ワキガのにおいがより出やすくなってしまいます。

夏は特に冷たい物をたくさん摂りたくなりますが、あたたかい食べ物も意識して食べるようにしたいものです。

偏食は避けよう

偏食をする人の多くは、肉類や甘いものを好み、野菜類をあまり食べない傾向にあります。ですが、肉類は先ほどご紹介したようにアポクリン腺を活発に働かせることでワキガ臭を強めますし、甘いものは酸性食品である砂糖を多く含んでいるため、血液を酸性に近づけることでにおいを強めてしまいます。

そこで、ビタミン類が多く含まれる野菜を意識して摂ることで、ワキガ臭が抑えられます。

バランスの良い食事を意識することで、自然とワキガ臭を抑える食事内容になるということですね。

和食中心の食事がお勧め!

ここまで書いたことを総合すると、和食中心の食事をすることでワキガ臭を強める食べ物を食べる機会が少なくなり、またお味噌汁を添えることで野菜を摂ったりあたたかい食べ物が食べられたりなど、ワキガ臭を強める習慣からも離れることができそうです。

魚や野菜を意識して多く摂り入れるようにするだけでも、ずいぶん違います。

実際に、食生活が欧米化した影響でワキガで悩む人が増えたり、幼いころからワキガになる子どもがいたりということが起こっています。

子どもでもワキガになるの?と思われた方や、うちの子がもしかしたらワキガかもしれないと気になられた方は、こちらの子供のわきがについて詳しく解説した記事を読んでみて下さい。

和食中心のバランスが取れた食事でワキガ臭を抑えよう!

以上のように、食べ物の中にはワキガ臭を強くするものもあれば、逆にワキガ臭を抑えるのに役立ってくれるものもあります。

ワキガは体質的な問題なので、食事内容を変えることでワキガが治るという意味ではありませんが、毎日の生活と食事は切っても切り離せないものですから、食事内容を変えるだけでにおいを抑えることができるのなら、試してみる意味はありますよね。

和食を中心に食事をしていると、ワキガ臭を強くするものの摂りすぎを防ぎやすくなり、食事のバランスも取りやすくなります。

とはいえ、あまりにも食事内容を意識し過ぎてストレスになると、それがまたワキガ臭を強めるという逆効果になることもありますので、野菜をしっかり食べる、毎日梅干しを1つ食べるなど、できることから始めてみるといいですね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 臭いのお悩み解決サイト【ニオイ部クサイ課】 All Rights Reserved.