ワキガだと服ににおいがついてしまう!上手な洗濯など対処法まとめ

ワキガのにおいは、服に残りやすいことが知られています。なぜかというと、汗や皮脂、ワキガの原因となる細菌などが衣類にうつってしまうからです。そのため、ワキガかどうかを診断する時に、衣類が黄ばむかどうかもチェックされることがあります。

服にワキガのにおいが残ると、とても気になりますよね。着るたびに毎回服を洗濯しているのに、次に着ようとした時にワキガ臭がすると悩んでいる方も実際にいらっしゃいます。ですが、洗濯の方法を少し工夫するなどの対処法を試すことで、ワキガのにおいを落とすことも可能です。

では、どのような対処法があるのでしょうか。まとめてご紹介します。

服についたワキガのにおいを落したい!お勧めの洗濯法まとめ

最初に、服についてしまったワキガのにおいを落すための、お勧めの洗濯法をまとめてご紹介します。

何だか脇がにおう気がするけど、ワキガのにおいかどうか判断できないという時には、まずはこちらのワキガのにおいの特徴を詳しく解説を確認してみてください。

ワキガ臭を洗濯で落したい時に知っておくべき知識

ワキガ臭を洗濯で落そうとする場合、まずはどうやったらワキガのにおいが消えるのかを知っておく必要があります。

そもそも、なぜ服からワキガ臭がするのかというと、服が脇の汗や皮脂を吸い取ることと、肌に住んでいる常在菌がうつることで、服でもワキガ臭が発生するからです。

ワキガ臭は、アポクリン腺という汗腺から出る汗と皮脂が混ざったものを、肌に住む常在菌が分解する際に発生するにおいです。ワキガの原因の詳細はこちらで詳しく解説していますので、ここでは簡単にご説明しています。
ワキガの原因を詳しく解説

つまり、服に汗や皮脂・細菌がうつることで肌の上だけではなく服でもワキガのにおいが発生するのなら、洗濯で汗や皮脂、細菌などを落せばいいということになります。

ところが、通常の洗濯洗剤では、ワキガ臭の原因となる成分を十分に落とすことができないのです。

だから、においの元をきちんと落とせるような方法で洗濯をすることが大切なんですね。服が黄ばんでいる場合、そこに汗の成分や皮脂などが残っていると考えられるので、黄ばみも合わせて落とせると、さらに消臭効果が高まります。

では、どのような洗濯の方法があるのか、詳しく見ていきましょう。

においを落とせる洗剤

通常の洗濯洗剤ではなく、においを落す効果がある洗剤を選ぶことで、軽いワキガのにおいなら洗濯だけで落せる可能性もあります。今回は、花王の『アタック消臭ストロング』という商品を例に、なぜ効果があるのかを確認します。

『アタック消臭ストロング』には、高浸透洗浄成分が配合されていることで、繊維の奥に浸透します。それによって、におい成分をしっかり取り除く効果があります。さらに99%の除菌効果もあるので、ワキガ臭の原因となる菌を除菌する効果も期待できます。

ただし、全ての菌に対する除菌効果があるわけではないことは知っておきたいところです。

この商品のように、においを落すことを目的とした商品を利用することで、ワキガ臭も軽減できる可能性があります。

漂白剤

漂白剤を利用すると、黄ばみもにおいも落としやすくなります。漂白剤は黄ばみや汚れを落すことが目的で使われるものなので、汗などの汚れをきれいに落すことでにおいが出にくくなります。また、除菌効果を持つ商品であれば、ワキガの原因になる菌を除菌することでもにおいを抑えます。

漂白剤には、以下の2種類があります。

漂白剤の種類と特徴
塩素系漂白剤 酸素系漂白剤
消臭効果が高い
白い服にしか使用できない
繊維の種類によっては使用できない
漂白剤のにおいが残ることがある
塩素系漂白剤より消臭効果が弱め
色や柄がある服にも使用できる
漂白剤を塗って他の洗濯物と一緒に洗える
漂白剤のにおいが残らない

酸素系の漂白剤は塗ってからしばらく置き、そのあと他の洗濯物と一緒に洗うことも可能な点でも便利です。

漂白剤につけ置きしておくことでも汚れやにおいを取る効果を高めることができますので、つけ置きするのもいいですね。その際には、40度前後のお湯を使う方がより汚れが落ちやすくなります。

皮脂は、お湯の温度が高い方が落ちやすいという性質があるのですが、アポクリン腺から出る汗の成分でもあるタンパク質は、高温になると熱凝固する性質を持っているので、固まって落ちなくなります。

そこで、両者を落とすことを考えると40度前後がちょうどいいと考えられています。

重曹

わきがのにおいを消すのには、重曹もお勧めです。重曹は薬に使われることもある成分ですし、また食品添加物でもあるので、安心して使うことができます。

水に溶けた重曹はアルカリ性なので、ワキガのにおいの元となる酸性のにおい成分を中和することで、ワキガのにおいの消臭に役立ちます。

水に溶かした重曹にワキガ臭がする部分をつけ置きして、その後通常の洗濯物と一緒に洗うことでにおいを取ることが可能です。

ただし、安全な成分である分効果はやや緩やかなので、強いワキガの人には効果がないこともあります。重曹は酸素系漂白剤合わせて使うことで効果が高まりますので、重曹だけでは効果が無い場合は合わせて使うことをお勧めします。

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダも、重曹と同じくアルカリ性なので、においを落すために役立ちます。重曹より水に溶けやすい性質があるので、扱いやすい点がメリットです。

セスキ炭酸ソーダ水につけ置きしてもいいですし、セスキ炭酸ソーダを水にとかしたものをスプレーボトルに入れ洗濯機で洗う前に吹き付けて放置してから洗うという方法もあります。

ワキガ臭が普通の洗剤による洗濯で取れないのは、汗や皮脂汚れを落とす力が弱かったり、除菌効果が無かったりするからなんですね。

そこで、消臭も目的とした洗剤や、汗や皮脂の汚れを落とすことを目的とした漂白剤などを利用して、においの元となる汗や皮脂・細菌などをしっかり落とすことが大切です。

アルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダのように、におい成分を中和してにおいを消す方法もあるんですよ。

ワキガのにおいはクリーニングで落ちる?出す時には注意が必要!

服の汚れやにおいを落すと言われると、クリーニングに出せば効果があるのではないかと思いますよね。

これは確かにそうなのですが、実は普通にクリーニングに出しただけではにおいが落ちません。ですが、クリーニングに出す時に気を付ければ、クリーニングでワキガ臭を落してもらうことも可能です。

では、どのようなことに注意が必要なのか、見ていきましょう。

汗の成分の多くは水溶性です

ワキガの原因であるアポクリン腺から出る汗も、体温調整に役立つもう一つの汗腺であるエクリン腺から出る汗も、どちらも成分のほとんどが水溶性です。つまり、水を使って洗わなければ、汗による汚れは落ちにくいということですね。

クリーニングに出すと、通常はドライクリーニングになります。これは、水を使わずにガソリンなどが成分の溶剤を使う方法で汚れを落とします。ということは、ドライクリーニングではワキガのにおいを取ることはできないということなんですね。

そのため、普通にドライクリーニングに出さないようにして、汗を落とせるようなサービスを指定することが必要です。

汗抜きまたはウェットクリーニングと指定しよう

では、どうすればいいのかというと、汗抜きやウェットクリーニングといったサービスに対応してくれるお店を選んでこれらのサービスを指定しましょう。

これらは、ドライクリーニングに対応している衣類を、水を使って洗うというものです。そのため、通常のドライクリーニングでは落ちない汗の汚れを落としてくれます。

そんなバナナ!クリーニングって、出せば何でも綺麗になると思ってたんだけど、違うんだねえ。

ワキガのにおいの元になるのは汗だけど、汗の成分はほとんど水溶性だから、ドライクリーニングでは上手く落ちないということなんだな。よし、次からさっそく汗抜きやウェットクリーニングと指定してみるか!

市販の専用商品を利用することでにおい対策をすることも可能です

ワキガ臭が服についた後でも、洗濯の方法を工夫すればにおいを落すことが可能です。ですが、市販の商品を利用することで、服ににおいをつきにくくする対策をすることも可能です。

そうすれば、洗濯の手間も減りますよね。

では、どのような商品があるのでしょうか。見ていきましょう。

においが出にくいタイプの服を選ぶ

特別な物を買うのではなく、普段買う物でにおい対策をするのであれば、においが出にくいタイプの服を選ぶ方法があります。

まずは素材から確認しますが、以下のような化学繊維はワキガの人にはあまりお勧めできません。なぜかというと、通気性が悪く吸水性もないので、脇が蒸れて細菌が繁殖しやすくなったり、汗が溜まったままになってにおいの原因になりやすくなったりするからです。

  • ポリエステル
  • ポリウレタン
  • アクリル
  • レーヨン
  • ナイロン

通気性や吸湿性が悪いのが問題なら、速乾性の機能を持つ化学繊維の服ならどうかというと、確かに着心地は良く、汗も発散してくれるのですが、においの元となる成分は服にとどまってしまうので、やはりにおいが出やすくなります。

そこで、お勧めなのが、綿や麻といった天然素材の服です。実は、これらの天然素材にはにおいを吸着する性質があるので、化学繊維の服よりはにおいを抑える効果があります。とはいえ、ワキガのにおいを全て吸着できるわけではありませんので、化学繊維と比較すればにおいにくい程度だと考えておいた方がいい感じです。

次に服の形ですが、脇を締め付けるのではなく、余裕のあるデザインのものを選ぶと、通気性がよくなってにおいが出にくくなります。

これだけあれこれあり、さらに天然素材の服でもにおいを全て抑えるわけではないことを考えると、もっと簡単にできる対策があると助かりますよね。そこで、ここからはにおいを消すことに重点を置いた、専用の商品を見ていきましょう。

消臭下着を利用する

消臭下着とは、消臭効果・抗菌効果などを持つ下着のことです。このような下着を利用すれば、特別な対策をしなくてもにおいを抑えてくれます。

何種類か販売されているのですが、今回はDEOEST(デオエスト)が販売している『消臭アンダーシャツ』を例にどのような仕組みで消臭できるのかを見ていきましょう。

『消臭アンダーシャツ』には、セラミックスと金属イオンが配合されています。

セラミックスにはにおいを吸着する働きがあります。また、金属イオンには集めたにおいを分解する働きがありますので、消臭が可能になるという仕組みになっています。100回洗濯をしても消臭率は80%と言いますから、長持ちもして便利ですね。

これは、脇のにおいだけではなく、汗のにおいや加齢臭にも効果を発揮してくれる商品です。ワキガ臭と加齢臭はどう違うの?と気になる方は、こちらの加齢臭の原因について詳しく解説した記事を読んでみてください。

消臭衣類を作り出すスプレーを利用する

消臭下着を購入する以外にも、衣類を利用して消臭をする方法があります。それが、衣類用の消臭スプレーを使用する方法です。これも何種類かの商品が売られていますが、今回は株式会社興和堂が販売している衣類用の消臭スプレーを例になぜスプレーで消臭ができるのか、仕組みを確認しましょう。

株式会社興和堂の消臭スプレーには、汗のにおい・加齢臭・足のにおい・ワキガ臭などにおい全般に対応した『急速イオン消臭スプレーヌーラ』と、ワキガ臭の消臭に特化した『抗菌消臭剤ヌーラビオ』との2種類の商品を販売しています。

『急速イオン消臭スプレーヌーラ』の場合、含まれる消臭成分がにおいの理由となる分子と結合することによって、においが出ない分子に変化させることでにおいを抑えています。

においの原因となる分子が多くても、しっかりスプレーしておけば高い消臭効果が期待できます。衣服がしっとりする程度スプレーし、乾かしてから着用するだけなので、利用法も簡単です。様々な種類のにおいの原因となる成分に対して、いずれも97%以上の消臭率を誇っています。

一方、『抗菌消臭剤ヌーラビオ』はワキガ臭に対して高い効果を発揮するように作られています。まず、アポクリン腺の汗や皮脂を分解してにおいを出す原因を作る細菌を殺菌することで消臭効果を高めています。

その際に、バイオテクノロジーを利用し、細菌を一瞬ですべて破壊するのではなく、細胞壁のみを破壊することでゆっくりと死滅させます。この時に、細菌は同じ種類の菌に危険だという情報を送るので、同じ種類の菌が近寄りにくくなるという効果もあります。

ワキガの人の脇には、コリネバクテリウムという名称の細菌が住んでいることが多いのですが、その細菌に対しての殺菌率は99.9972%です。

それ以外の白癬菌やレジオネラ菌などの様々な菌に対しても、99%以上の高い殺菌力を発揮します。

ふむふむ、ずいぶん便利な商品があるもんだねえ。着るだけで消臭効果が得られる下着や、スプレーするだけでにおいを防いでくれる商品まであるなんて、これは便利だな。

これなら、洗濯で悩まなくてももっと簡単に服のにおいを気にしなくて済むようになるね。

ワキガの悩みの多くは、においがするということ自体よりも、そのにおいのせいで他人からどう思われるかが不安というところにあるんですよね。

ですから、こういった便利な商品を利用することで人ににおいが届かなくなるということは、とても意味があることだと言えますね。

ワキガのにおいを洗濯で消すポイントは汗や皮脂をきれいに落すこと!

服からワキガ臭がするのは、服にワキガの原因となるアポクリン腺からの汗や皮脂、それから細菌がうつることが原因です。そのため、服のワキガ臭を落したい時には、これらの汚れを綺麗に落としたり除菌をしたりできる方法で洗濯をすることが大切です。

汗の汚れは水溶性なので、クリーニングに出す時は普通のドライクリーニングではにおいが落ちません。そこで、クリーニングに出すことが必要な衣類の場合は、汗抜きやウェットクリーニングのサービスに対応できるお店に頼みましょう。

ワキガのにおいがついた服を洗濯するのは手間がかかる、難しいという方の場合は、事前に服ににおいがつきにくいようにしておく方法もお勧めです。消臭下着や衣類用の消臭スプレーを利用することで、においの付着を予防することもできますので、ぜひ試してみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 臭いのお悩み解決サイト【ニオイ部クサイ課】 All Rights Reserved.